前のページに戻る

避難の心得

更新日:2012年10月1日

避難するときの心得

避難路にも浸水や土砂災害が起こる可能性があります。安全のためには早めの避難が大切です。

正確な情報収集と自主的避難

ラジオ・テレビで最新の気象情報や災害情報、避難情報に注意し、危険を感じたら自主的に避難しましょう。


 

避難の呼びかけに注意し、速やかな避難を!

市や消防団からの呼びかけに注意し、避難勧告が出された場合は、危険が迫っているので、警察などの指示に従い速やかに避難しましょう。


お年寄りなどの避難に協力を!

お年寄りや子ども、病気の人などは、早めの避難が必要です。近所のお年寄りなどの避難に協力しましょう。


 

動きやすい格好、2人以上での避難

避難するときは、動きやすい格好で、2人以上での避難を心がけましょう。


安全な避難路の確認

避難場所までの経路(避難路)は、あらかじめ自分たちで決めておき、安全に通行できるかを確認しておきましょう。


 

日ごろの備えをしっかりと

避難するときの荷物は必要最低限とし、事前に準備してすぐ持ち出せるようにしておきましょう。

携帯ラジオ

正しい情報を得るため。小型で軽く、fmとamの両方聞けるものがよい。予備の電池を忘れずに。

衣類

上着、下着、手袋、靴下、ハンカチ、タオルなど。赤ちゃんがいる場合は紙おむつなども用意。

懐中電灯・ろうそく

停電時や夜間の移動に欠かせない。予備の電池も忘れずに。ろうそくは、太くて安定のよいものを。

救急薬品・常備薬 

ばんそうこう、ガーゼ、包帯、三角巾、消毒薬、鎮痛剤、胃腸薬、かぜ薬、目薬、とげ抜きなど。持病のある人は常備薬も忘れずに。

ヘルメット

屋根瓦や看板などの落下物から頭部をまもるため。避難時は転倒事故も多いので必ず用意。

通帳類・証書類・印鑑

預貯金通帳、健康保険証、免許証など。住所録のコピーもあると便利。

非常食・水

非常食はカンパンなど火を通さないでも食べられるもの。赤ちゃんがいる場合は、粉ミルクも用意。

現金 

紙幣だけでなく、公衆電話用の10円硬貨も用意。

生活用品

ライター、ナイフ、缶切、ティッシュ、ビニール袋など。赤ちゃんがいる場合は、ほ乳びんも用意。

情報の伝達経路

気象情報や避難勧告などは、次のような経路で市民の皆さんに伝達されます。

大雨や洪水などの注意報・警報は、テレビ・ラジオでも流れますので見落とさないよう

にしましょう。特に、避難勧告や指示が出たら速やかに避難をしてください。

情報の伝達経路についての画像

お問い合わせ

玉名市役所 総務部 防災安全課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1130
ファックス番号:0968-75-1166この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォトギャラリー

  • 玉名で暮らしたい
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • 九州新幹線800系
  • JR九州 新玉名駅時刻表

便利なサイト集

  • 玉名市の市勢要覧
  • 第66回金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 玉名市横島町いちごマラソン公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな市民活動支援サイト「たまりん」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • 極真館空手 育てる道場 玉名市 道場