前のページに戻る

固定資産の評価替えとは何ですか?

更新日:2013年8月26日

質問

固定資産の評価替えとは何ですか?

回答

固定資産税は、固定資産の価格(適正な時価)を課税標準として課税されるものですから、本来であれば毎年度評価の見直しを行い、これによって得られる「適正な時価」を基に課税を行うことが望ましいことですが、膨大な量の土地、家屋について毎年度評価を見直すことは、実務的には事実上不可能であること等から、土地と家屋については原則として3年間評価額を据え置く制度がとられているところです。これを評価替えといいます。

なお、土地の評価額は原則として基準年度(平成24年度)の価格が3年間据え置かれることになっていますが、評価額が据え置かれる年度(平成25年度または平成26年度)に地価の下落があり、評価額を据え置くことが適当ではないときは評価額を修正することができる特例措置が設けられています。


お問い合わせ

玉名市役所 市民生活部 税務課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1114
ファックス番号:0968-75-1166この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォトギャラリー

  • 玉名で暮らしたい
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • 九州新幹線800系
  • JR九州 新玉名駅時刻表

便利なサイト集

  • 玉名市の市勢要覧
  • 第66回金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 玉名市横島町いちごマラソン公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな市民活動支援サイト「たまりん」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所