前のページに戻る

明治四年銘大浜町外嶋宮蔵廻船模型

更新日:2017年8月3日

廻船模型


明治四年銘大浜町外嶋宮蔵廻船模型

(めいじよねんめいおおはままちとしまぐうぞうかいせんもけい)

指定区分  玉名市指定重要有形民俗文化財

員数    1隻 

指定年月日 平成20年10月14日

所在地   玉名市大浜町907番地 

所有者   外嶋住吉神社

 廻船模型

廻船模型


 江戸時代中後期、大浜町は菊池川流域の「納屋物」(民間商人によって集散された問屋商品)と呼ばれる農産物の積出港として、また高瀬港の外港としての役割を果たしていました。当時は、10隻の大坂行きの廻船をはじめとして数十隻の船を所有し、繁栄していました。

 外嶋住吉神社の創建は、延久元年(1069)に摂州浪速の浦(大阪府)から住吉大明神の神像を乗せた小船が漂着、漁夫の蜑父一族が神社を建立し、健磐龍命と併せて祀ったと伝わっています。これにちなみ、年紀祭の御幸に舟の模型が使われる習わしとなりました。さらに、大浜町が廻船問屋となって以降は、この種の和船の廻船模型が使用されるようになったようです。

 廻船模型は弁財船と呼ばれる船の形をしています。弁財船とは、安土桃山時代から江戸時代、明治にかけて国内での海運に広く使われた大型木造帆船です。本廻船模型には、製作年次を異にする同型の2隻があります。しかし、この明治4年(1871)製作の廻船模型は、保存状態が最も良好な新しいもので、内部構造に至るまで精巧に作られています。全長2.98m、幅84cm、深さ47cmあり、千石積みの10分の1の大きさです。上半部は檜・杉材柾目、下半部は楠材を用い、低い格子目の飾り船縁を付け、木口の部分は銅板を張り、帆柱、櫓、方向舵、水樽、手桶類まで備えるなど、精巧を極めています。加えて、長さ1m、幅21.5cm、深さ10cm大の伝馬船(廻船などに搭載されたはしけぶね)まで備えています。船尾に置かれた水樽に「九州肥後玉名郡小田手永大浜町浮舟大明神正直新造、明治四年辛未二月中旬より八百年季、大賑ひ、西川口村長久丸内荷より出来、むた町桶屋寿助寄進」と墨書名があります。西川口村もむた町も大浜町内の地名で、長久丸は大浜最大の問屋大坂屋の持ち船であることから、おそらくは上方で建造された廻船模型を長久丸が積んで帰ったと考えられます。また、桶屋が寄進したのは水樽だけであったと考えられています。

 平素は外嶋住吉神社の神殿に安置されていますが、現在も年紀祭の御神幸に使用されています。港町大浜の歴史を雄弁に物語る資料です。

※「蜑」は上にくさかんむりが付きます。


お問い合わせ

玉名市役所 教育委員会 文化課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1136
ファックス番号:0968-75-1138この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォトギャラリー

  • 玉名で暮らしたい
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • 九州新幹線800系
  • JR九州 新玉名駅時刻表

便利なサイト集

  • 玉名市の市勢要覧
  • 第66回金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 玉名市横島町いちごマラソン公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな市民活動支援サイト「たまりん」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所