前のページに戻る

名誉市民 マラソンの父金栗四三リーフレットの紹介

更新日:2017年4月6日

マラソンの父金栗四三リーフレット

マラソンの父金栗四三リーフレット 1枚目の画像


金栗 四三(かなくり しぞう)1891〜1983

 明治24年8月20日玉名郡春富村(現和水町)に生まれる。のち玉名郡小田村(現玉名市)池部家の養子となる。

 マラソン選手として三度世界記録を樹立。ストックホルム・アントワープ・パリと日本人初のオリンピック出場を果たす。日本初の駅伝、東海道五十三次駅伝や箱根駅伝を始める。

下関ー東京間・樺太(サハリン)-東京間・九州一週を踏破、全国走破を達成する。女子体育の重要性を指摘し振興に努め、戦後すぐ熊本県体育協会をつくり県体育界をリード、県民体育祭を実現するなど、生涯にわたってスポーツの振興・発展に力を注ぐ。

 紫綬褒章・旭日小綬賞を受賞、熊本県近代文化功労者、玉名市名誉市民ほか受賞多数。

 昭和58年11月13日、92歳で永眠。

生涯に走った距離は25万キロ、地球6週と4分の1といわれる。


 マラソンの父金栗四三リーフレット 2枚目の画像


 

年譜

 

表:年譜
内容
明治24年 玉名郡春富町(現和水町)に生まれる
38年玉名中学校(現県立玉名高等学校)進学
43年東京高等師範学校(現筑波大学)進学
44年

徒歩部に入部

オリンピック国内予選で世界記録2時間32分45秒達成

45年第5回オリンピックストックホルム大会マラソンに日本人初の出場
大正2年第1回陸上競技選手権大会で世界記録2時間31分28秒達成
3年

玉名郡小田村池部家への養子の話まとまる

第2回陸上競技選手権大会で世界記録2時間19分20秒3達成

5年 第6回オリンピックベルリン大会中止
6年

日本人初の駅伝奠都記念東海道五十三次駅伝競走を企画

8年下関ー東京間走破
9年

第1回東京箱根間往復駅伝競走を企画

第7回オリンピックアントワープ大会マラソン出場

ドイツにて、女子体育の振興に目覚める

11年樺太ー東京間走破
13年

第8回オリンピックパリ大会マラソン出場

第一線から引退

昭和6年九州一周走破
11年日本で初のオリンピック誘致に奔走
13年第12回オリンピック東京大会返上
20年故郷へ
21年

熊本県体育協会初代会長となる

第1回県民体育祭開催

27年九州一周駅伝企画
37年玉名市名誉市民となる
42年 55年ぶりスウェーデン訪問、54年8ヶ月6日5時間32分20秒3、半世紀目のゴールをはたす
44年県立玉名高等学校に金栗四三銅像除幕
45年金栗杯玉名30キロマラソン大会始まる
58年92歳永眠


お問い合わせ

歴史博物館こころピア
住所:〒865-0016 熊本県玉名市岩崎117
電話番号:0968-74-3989
ファックス番号:0968-74-3986この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォトギャラリー

  • 玉名で暮らしたい
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • 九州新幹線800系
  • JR九州 新玉名駅時刻表

便利なサイト集

  • 玉名市の市勢要覧
  • 第66回金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 玉名市横島町いちごマラソン公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな市民活動支援サイト「たまりん」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所