前のページに戻る

平成29年度玉名市保育所保育料

更新日:2017年4月1日

認可保育所の運営に必要な経費は、児童福祉法により国・県・市・保護者で負担することとなっており、国が定めた保育所徴収金基準額を基に玉名市の保育料を定めています。

保育所で大切なお子様をお預かりし、充実した保育を行うためには、その内容の向上や施設の整備等、多くの経費が必要になります。
保護者のみなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

平成29年度玉名市利用者負担金額表

保育料の階層区分は、児童と生計が同じである父母の市町村民税の課税状況に基づいて認定します。ただし、児童の父母の市町村民税が非課税の場合は同居の祖父母の課税状況に基づいて算定することがあります。

認定の対象となる市町村民税は、4月〜8月分までを平成28年度市町村民税額で算定し、9月〜3月分を平成29年度市町村民税額で算定します。また、支給認定号(1号・2号・3号)によっても区別されます。

  • 1号 教育標準時間認定
  • 2号 保育認定(満3歳以上) 
  • 3号 保育認定(満3歳未満)

※2号・3号については、「保育標準時間認定」と「保育短時間認定」の認定が導入されます。保護者の就労時間等で判断し保育の必要量を認定します。園ごとに標準と短時間の保育時間設定をしており、その時間を超えて預ける場合に延長料金がかかります。金額や支払方法は各自園へお尋ねください。

※保育料算定の際の市町村民税額については、住宅ローン控除・配当控除・寄付金控除等の税額控除(調整控除を除く)を控除する前の税額で算定します。

※児童の年齢は、年度初日の前日の年齢によって算定します。

※税資料未提出の方の保育料は、保護者からの追加徴収を防ぐため、下記金額表の最高階層にて仮決定します。 

1号 教育標準時間認定
表:教育標準時間認定(1号)利用者負担額
 階層区分  利用者負担額
 1(生活保護世帯)  0
 2(市町村民税非課税世帯)  3,000
 3(市町村民税所得割課税額が77,100円以下の世帯)  10,000
 4(市町村民税所得割課税額が211,200円以下の世帯)  16,000
 5(市町村人税所得割課税額が211,201円以上の世帯)  21,000

*1号認定については、小学校3年生までの子どもから数えて、2人目は上記金額の半額、3人目以降は0円となります。

2・3号 保育認定(2号・3歳以上児、3号・3歳未満児)

H29年度利用者負担額(2号・3号)
階層区分3号認定2号認定
3歳未満児3歳以上児
標準時間短時間標準時間短時間
1生活保護世帯0000
2市町村民税非課税世帯5,0005,0004,0004,000
3-1市町村民税均等割のみ11,00010,8008,0007,900
3-2市町村民税所得割48,600円未満14,00013,80011,00010,800
4-1

市町村民税所得割48,600円以上

65,000円未満

19,00018,70016,00015,700
4-2

市町村民税所得割65,000円以上

81,000円未満

20,00019,70018,00017,700
4-3

市町村民税所得割81,000円以上

97,000円未満

23,00022,60021,00020,600
5-1

市町村民税所得割97,000円以上

133,000円未満

32,00031,50026,00025,600
5-2

市町村民税所得割133,000円以上

169,000円未満

 35,00034,400 27,00026,500 
6-1

市町村民税所得割169,000円以上

235,000円未満

 36,00035,400 28,000 27,500 
6-2

市町村民税所得割235,000円以上

301,000円未満

 38,00037,400 30,000 29,500 
7-1

市町村民税所得割301,000円以上

349,000円未満

40,000 39,300 32,000 31,500 
7-2

市町村民税所得割349,000円以上

397,000円未満

42,00041,30034,000 33,400 
8市町村民税所得割397,000円以上45,00044,20036,00035,400

 *2・3号認定については、小学校就学前の子どもから数えて、2人目は上記金額の半額、3人目以降は0円となります。

 

平成29年度からの保育料軽減措置について

平成29年4月より、年収360万未満相当の世帯である場合、今までの多子世帯軽減に加え、下記の軽減が適用されます。

多子世帯における軽減

【1】1号認定については、世帯の市町村民税所得割額が77,101円未満、2・3号については世帯の市町村民税所得割額が57,700円未満である場合、負担額算定基準の子どもの年齢制限を撤廃し、生計を一にしている子どもすべてを算定基準として算定します。

(例)小学校5年生、小学校1年生、4歳児(1号認定)の子どもがおり、世帯の市町村民税所得割額が77,101円未満の場合

  • 平成27年度までは小学校3年生までの子どもから数えるため、小学校1年生が第1子、4歳児は第2子となり、「保育料半額」となります。
  • 平成29年度からは、年齢制限撤廃のため、小学校5年生が第1子、小学校1年生が第2子、4歳児は第3子となり、「保育料0円」となります。

(例)小学校5年生、小学校1年生、4歳児(2号認定)、1歳児(3号認定)の子どもがおり、世帯の市町村民税所得割額が57,700円未満の場合

  • 平成27年度までは、小学校就学前の子どもから数えるため、4歳児が第1子で「保育料全額」、1歳児は第2子のため「保育料半額」となります。※ただし、この場合の1歳児は「熊本県多子世帯子育て支援事業」により、「保育料0円」となります。
  • 平成29年度からは、年齢制限撤廃のため、小学校5年生が第1子、小学校1年生が第2子、4歳児は第3子となり「保育料0円」、1歳児は第4子のため「保育料0円」となります。

【2】1〜3号認定の第2階層 (市町村民税非課税世帯)について、第2子は0円となります。

【3】1号認定の第3階層の第2子は、5,000円となります。

【4】1号、2・3号認定ともに、世帯の市民税所得割額が、77,101円未満であって、支給認定保護者または当該   保護者と同一の世帯に要保護者(ひとり親・障害児(者)等)がいる合は、第2子以降0円となります。

 

要保護世帯等における軽減(ひとり親世帯・在宅障害児(者)のいる世帯等)

【1】第2階層、1〜3号認定 0円となります。

【2】第3階層、1号 2,000円 2号 3,000円 3号 4,000円となります。

【3】第4階層(市町村民税所得割額 77,100円未満) 2号 5,000円 3号 7,000円となります。

 ※要保護世帯等において、2・3号認定で世帯の市町村民税所得割額が57,700円以上77,100円未満である場合、多子軽減の年齢制限撤廃が適用されます。
 

熊本県多子世帯子育て支援事業について

18歳未満の児童を3人以上扶養しており、第3子以降の3歳未満児が保育所に入所している場合は、「熊本県多子世帯子育て支援事業」により、保育料が無料となります。

*ただし、利用者負担額階層が第7階層および第8階層の場合は、保育料の減額はありません。

保育料の変更について

確定申告などによる税額変更に伴い階層区分が変更になる場合は、該当する認定期間分について遡及し保育料を変更します。また、離婚・再婚・死別・転居などの諸事情により同居家族に変更があり、それに伴い階層区分が変更になる場合は、変更のあった月の翌月分から保育料を変更します。

※いずれも、変更があった場合は届出が必要です。

 保育料の支払について

保育料のお支払は、原則「口座振替」でお願いしています。口座振替によるお支払いは納め忘れの心配もなく、お支払に出向く手間も省けます。

口座振替の手続きに必要な書類は、玉名市内の各保育所、子育て支援課、各支所市民生活課に備えつけています。

 詳しくは>>保育料の支払について 


お問い合わせ

玉名市役所 健康福祉部 子育て支援課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1120
ファックス番号:0968-73-2362この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォトギャラリー

  • 玉名で暮らしたい
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • 九州新幹線800系
  • JR九州 新玉名駅時刻表

便利なサイト集

  • 玉名市の市勢要覧
  • 第66回金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 玉名市横島町いちごマラソン公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな市民活動支援サイト「たまりん」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所