前のページに戻る

危険ブロック塀等安全確保支援事業

更新日:2019年4月1日

危険ブロック塀等安全確保支援事業情報一覧

 危険ブロック塀等安全確保支援事業    

正しく施工されていないブロック塀や、老朽化して傾いたブロック塀は、地震時に倒壊して通行人に危害を及ぼしたり、避難・救援活動の妨げになる可能性があります。そこで、玉名市では、市民の安全を守るため、道路に面する危険なブロック塀などの除却に係る費用を補助する事業を平成31年4月から開始しました。

 1.対象となるブロック塀

玉名市内にある道路に面するブロック塀

 ※道路:要領に規定する一般の公共の用に供する道などのことで、対象とならない道路もあります。

2.要件

道路に面するブロック塀などで、次の全てに該当するもの ブロック塀の要件

  • 道路面からの高さが80cm以上のもの
  • ブロック塀自体の高さが60cm以上のもの
  • 点検表に基づき点検した結果、安全対策が必要と評価されたもの

 補強コンクリートブロック塀の点検表(PDF 約34KB)

3. 補助対象工事・補助額など

危険なブロック塀などの除却工事(ブロック塀事自体の高さを40cm以下に低くする工事も含む)

補助額

工事費用全額(補助上限金額まで)

補助上限額

20万円または撤去するブロック塀等の長さに1万2千円/mを乗じて得た額のいずれか低い方の額

 ※なお本事業は、補助金の「代理受領制度」が活用できます。

4.申込方法

着工前に補助要綱に基づく補助金申請の手続きが必要です。

5.補助事業手続きの流れの概略

6.申請様式

 7.ブロック塀等の解体・改修相談窓口

 (1)ブロック塀に関する相談窓口
 (2)現地調査相談窓口(有料)
 (3)ブロック塀等の解体・改修相談窓口

8.申請について

申請受付は、予算の範囲内による先着順になります。
募集期間は平成31年4月1日(月曜日)から平成31年9月30日(月曜日)です。申し込み方法など詳しくは玉名市役所営繕課へお尋ねください。
詳しくは、広報たまなや玉名市ホームページで今後お知らせしいたします。 

 

沿道緑化モデル事業について  

危険なブロック塀等を除却し、植栽や生垣を設置される場合は、くまもと緑・景観協働機構の「沿道緑化モデル事業(特例事業)」を併用できる場合があります。 ※「沿道緑化モデル事業」は熊本県の補助事業となります。

補助額例)植栽に係る費用が20万円かかる場合

機構による補助:10万円  自己負担:10万円

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

玉名市役所 建設部 営繕課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1311
ファックス番号:0968-75-1221この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ