前のページに戻る

ジェンダー・ハラスメント〜男女共同参画社会を目指して〜

更新日:2020年2月14日

最近よく耳にするのが〇〇ハラスメントという言葉です。

気付かずにハラスメントをしてしまっていることも多く、場合によっては訴えられて初めて重大さに気づくケースもあります。

今回はたくさんあるハラスメントの中からジェンダー・ハラスメントを紹介します。

ハラスメントの定義とは?

ハラスメントとは、もともと英語であり、「harass」や「harassment」という単語です。「harass」とは、悩ます、困らせる、苦しめるなどの意味を持つ動詞です。そして、「harassment」は、いじめや嫌がらせといった意味の名詞となっています。

日本においては、ハラスメントに対しての定義を明確には設けてありません。

ただし、パワーハラスメント、つまりパワハラに関しては『同じ職場で働くものに対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為』と定義しています。

ジェンダー・ハラスメントとセクシュアル・ハラスメント

「女のクセに」「男のクセに」といった物言いに代表される「ジェンダー・ハラスメント」。

セクシュアル・ハラスメントという言葉は、「セクハラ」という略語も含めて広く知られるようになりましたが、ジェンダー・ハラスメントは問題になることが多いにも関わらず、いまだ認知度が低いのが実情です。

セクハラの一形態ともいわれるジェンダー・ハラスメントとは、ひとことで言うと「性別に関するハラスメント」のことです。

セクハラという言葉が「性的いじめ」や「性的いやがらせ」を指すことが多いのに対して、ジェンダー・ハラスメントは「女性はこうあるべき」「男性はこうあるべき」という価値観に基づいて行われる「いじめ」や問題発言をさす場合が多いようです。

ジェンダー・ハラスメントとは、女性社員だけにお茶くみをさせたり、「女性は早く退職して結婚するのが幸せ」などの発言をする行為のことをいいます。

「性的な表現」を含まない言動なので、男女雇用機会均等法11条1項でいう「セクハラ」には該当しません。

通達(平成18年10月11日)でも「女性労働者のみにお茶くみなどを行わせること自体は、性的な言動には該当しない」と記載されていて、セクハラとは区別されています。

これはジェンダー(社会的・文化的意味合いから見た、男女の性区別)によるハラスメントと呼ばれるハラスメントの類型です。

ジェンダー・ハラスメントの課題

ジェンダー・ハラスメントが男女雇用機会均等法でいうセクハラに該当しないからといって、問題にしないで良いというわけではありません。

このような差別的な考えが当たり前に行われるような職場では、女性差別の意識を生み出しますし、セクハラの温床になる可能性が高いといえるからです。

セクハラを未然に防ぐためにも、性差別による言動・行動は慎むよう職場で適切な対策をとることが大切です。

ハラスメントを受けたとき

はっきりと意思を伝えましょう

ハラスメントは、受け流しているだけでは状況は改善されません。「やめてください」「私はイヤです」と、あなたの意志を伝えましょう。黙って我慢していると事態をさらに悪化させてしまうことがあります。問題を解決していくことが、同じように悩んでいる他の人を救うことにもつながります。

会社の窓口に相談しましょう

ハラスメントは、個人の問題ではなく会社の問題です。会社の人事労務などの相談担当者や信頼できる上司に相談しましょう。労働組合に相談する方法もあります。社内に相談相手がいないときも、ひとりで悩まずに、お近くの都道府県労働局など外部の機関に相談しましょう。

都道府県労働局が、あなたのお力になります!

  • 匿名でも大丈夫。
  • プライバシーは厳守します。
  • まずは相談してください!!
  • 相談は無料です!
  1. 会社に対し、法律や制度の説明をします。
  2. その内容に応じて会社に事実確認を行い、会社に働きかけを行うなど、丁寧な対応に努めます。
  3. 会社との間に紛争が生じている場合は、助言、調停など解決のための援助を行います。

★あなたの了承を得ずに、会社にあなたの情報を提供することはありません。

厚生労働省ホームページより引用

お問い合わせ先


厚生労働省熊本労働局

〒860-8514熊本市西区春日2-10-1:熊本地方合同庁舎A棟9階

▼セクシャルハラスメント▼妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメントに関するご相談は、お近くの都道府県労働局雇用環境・均等部(室)へ

▼パワーハラスメントに関するご相談は、お近くの総合労働相談センターへ

雇用環境・均等室電話:096-352-3865

雇用環境・均等室[開庁時間:8時30分〜17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)]

総合労働相談コーナー電話:096-352-3865

厚生労働省熊本労働局ホームページへのリンク (外部リンク)

熊本総合労働相談コーナー

〒862-8688熊本市中央区大江3-1-53

熊本第2合同庁舎熊本労働基準監督署内

096-206-9829

玉名総合労働相談コーナー

〒865-0016玉名市岩崎273

玉名合同庁舎玉名労働基準監督署内

0968-73-4411

厚生労働省

〒100-8916

東京都千代田区霞が関1-2-2

電話:03-5253-1111(代表) 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

玉名市役所 総務部 人権啓発課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1119
ファックス番号:0968-75-1166この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市安心メール
  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー
  • Youtuberタマにゃん
  • 市民会館新ホールタマにゃん紹介動画

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

ホストタウン(玉名市かけるアンゴラ共和国)

  • 箱根町観光協会公式サイト 箱根全山ページ

包括連携協定

箱根町(観光協会公式サイト)

  • 箱根町観光協会公式サイト 箱根全山ページ

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • スタートアップ宍戸行政書士事務所バナー画像、クリックするとリンクにつながります