前のページに戻る

特定健診から、あなたの健康を考えてみませんか!

更新日:2015年12月1日

40歳~74歳の方は、生活習慣病の発症や重病化の予防のために特定健診を受診することができます。毎年、特定健診を受けられていますか? 健康診査は、生活習慣病の予防や早期発見に欠かせません。自分の健康状態を正確に知り、健康管理を続けることに役立ててください。

※生活習慣病とは食、運動、飲酒、喫煙などの生活習慣が原因で引き起こされる疾患です。具体的には、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高中性脂肪、高LDLコレステロール)などがあります。

40歳から特定健診が必要な理由

生活習慣病は、痛みなどの自覚症状がなく重症化するため健診以外で気づきにくい病気です。40歳代から、様々な生活習慣の影響が徐々にみられるようになります。

脳卒中や心臓病は、肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常の4つが大きな危険因子です。

 

表:玉名市危険因子の重なり〜H28年度玉名市国保特定健診結果より〜(受診者数4,583人)
危険因子の数 危険因子の内容(高血圧、高血糖、高中性脂肪) 人数(%)
1つ 肥満のみ 1,666人(36%)
2つ 肥満+危険因子1つ 591人(13%)
3つ 肥満+危険因子2つ 663人(14%)
4つ 肥満+危険因子3つ 251人(5%)
合計 - 3,171人(70%)

特定健診は受診したあとが大切です!

表:危険因子をもつ人の人数(治療の有無別) 〜H28年度玉名市国保特定健診結果より(受診者数4,583人)〜
項目 高血糖  高血圧症    脂質異常症

要医療基準値

HbA1c:6.5以上

(治療中:7.0以上)

収縮期血圧160以上

または

拡張期血圧100以上

LDLコレステロール:

180ミリグラム/デシリットル以上

中性脂肪:

300ミリグラム/デシリットル以上 

治療すべき人

366人 243人 192人 135人
未治療 60% 61% 90% 83%
治療中 40% 39% 10% 17%

                              ※人間ドックH28年12月受診分は除く

特定健診受診者で、治療が必要な危険因子を持つ人のうち「未治療」の人が6割以上でした。

 受診するだけでなく、その結果から健康リスクを考え、早めに治療を開始、継続することで、心臓病やその他の脳梗塞、脳出血、慢性腎臓病などの重症化予防ができます。重症化すると日常生活だけでなく金銭面にも大きな影響を与えます。

重症化すると多額の治療費がかかります 

毎年健診を受けている人と、受けていない人では、生活習慣病の治療費に大きな差がでています!

1年に1回健診を受けている人は月6,865円に対し、健診を受けていない人は月30,595円です。その差は23,730円です!約4.5倍です

医療機関の受診件数の内、外来件数が97%を占めますが、残りの 3%の入院件数で、総医療費の44%を占めています

 

そして、生活習慣病が重症化しておこる病気の治療には、高額な治療費がかかってしまいます。

表:病気になった時の医療費の目安 〜第二期特定健診等実施計画より〜
疾患名治療名金額の目安 

心血管病(心筋梗塞、狭心症)

心臓手術約400万円/1回

脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)

手術約200万円/1回
糖尿病インスリン療法約50万円/年間
腎臓疾患人工透析約500万円/年間

早期発見・早期治療に努め重症化を予防することが、将来の治療費の抑制につながります。

Aさんの事例

Aさんの事例
健診受診年齢 

42歳 

43歳

45歳

 危険因子(1)肥満肥満肥満
 危険因子(2)高血圧高血圧高血圧
 危険因子(3)脂質異常 脂質異常脂質異常
 危険因子(4)高血糖高血糖高血糖
 危険因子(5)--

心電図異常

(脳梗塞発症)

Aさんは、若い時から肥満、高血圧などの危険因子があり、医療機関の受診が必要でした。しかし、医療機関を受診せずにそのまま放置していました。40歳代の健診で、心電図検査に異常所見が出たことを機に受診をしました。内服を開始しましたが、油っぽい食事や運動不足、飲酒・喫煙などの生活習慣の改善をしなかったため、45歳という若さで脳梗塞を発症しました。身体に麻痺が残り、介護が必要な状況になってしまいました。

みなさんも、健診で体の状態を知り、日々の生活習慣を振り返り、改善していきませんか?

 重症化を予防するために

  • 特定健診を毎年1回受診しましょう。
  • 高血圧、糖尿病、脂質異常(高LDLコレステロール、低HDLコレステロール、高中性脂肪)の疑いがあり、医療機関受診の必要であれば、自覚症状がなくても、早期に医療機関を受診しましょう。

 玉名保健センター(保健予防課)には、地区担当保健師と栄養士がいます。訪問もしています。健診や、体について気になることがある人は、お気軽にご相談ください。

場所


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

玉名市役所 健康福祉部 保健予防課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎133
電話番号:0968-72-4188
ファックス番号:0968-72-5208この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ