前のページに戻る

晒船着場跡

更新日:2021年2月10日

晒船着場跡俵ころがしの写真


晒船着場跡(さらしふなつきばあと)

【種別】玉名市指定史跡

【指定年月日】令和2年11月24日

【所在地】玉名市滑石2257番地先

【所有者】国土交通省(管理責任者:玉名市)

【内容・特徴】

菊池川右岸の最下流部に位置する晒は、その地理的特徴から寛永16年(1634年)には川口番所が置かれ、のち晒番所として鉄砲や槍等が配備されました。文化5年(1808年)には、川床が浅くなり海辺の村々から高瀬御蔵まで遡るのが困難になっていたことから、晒に御米山床が設置されました。その後、天保5年(1835年)には高瀬御蔵の支所として機能させるために逐次整備され、年貢米輸送のために平田船からより大型の上荷船へ積み替える中継地点として重要な役割を果たすようになりました。

安政年間に作成された「菊池川全図」の晒周辺には、堤防沿いに上流から津口改小屋、ワク1基、俵ころがし2基、ワク2基が描かれ、また堤防内には俵ころがしに隣接して「晒御米山床」、下流のワク2基付近に「御番所」、「遠見」の施設が描かれています。このうち、俵ころがし2基と下流側のワク2基が残存しています。

晒船着場跡はこれまでの河川管理上、修復されてきた部分もありますが、近世の船着場としての形跡を良く残しており、船着場と俵ころがしが一体となって整備されている状況は、高瀬船着場跡以外では類例をみません。晒船着場跡は高瀬船着場跡とあわせ、近世の熊本藩が全国有数の米産地で、菊池川の水運を利用して年貢米を大坂の堂島へと積み出し、藩の財源としていたことの象徴として位置付けられる重要な遺跡であるとして、玉名市の史跡に指定されました。

晒船着場跡は、菊池川流域日本遺産の構成文化財です。

菊池川流域日本遺産ホームページ:菊池川流域日本遺産(外部リンク)

認定ガイド(有料):菊池川流域日本遺産ガイド(外部リンク)

 

【地図】

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

玉名市役所 教育委員会 文化課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1136
ファックス番号:0968-75-1138この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  

カテゴリ内 他の記事


  • 玉名市安心メール
  • 玉名市公式チャンネル 動画発信中キラリかがやけたまな
  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー
  • 市民会館新ホールタマにゃん紹介動画
  • たまな圏域電子図書館ページへのバナー画像
  • 消費生活緊急情報
  • あらたま就活ナビサイト

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

Challenge for SDGs

  • 食支援プロジェクト「みんなのれいぞうことフードバンク玉名」

ホストタウン(玉名市かけるアンゴラ共和国)

  • 玉名市アンゴラホストタウン

包括連携協定

箱根町(観光協会公式サイト)

  • 箱根町観光協会公式サイト 箱根全山ページ

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市公式LINE紹介ページヘのリンク
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • くまもと県北病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • 造園・伐採の依頼は ヨシダ便利店のバナー画像(外部リンク)
  • ユニバーサルホームのバナー画像(外部リンク)