前のページに戻る

家畜飼養状況の定期報告について

更新日:2019年1月10日

牛・豚・めん羊・山羊・いのしし・鶏等の飼養者は、種類や頭羽数などの定期報告が必要です!

国内における口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザの発生を受けて家畜伝染病予防法が改正され、平成23年4月4日に公布、同年10月1日から完全施行されました。この改正により家畜・家きんの飼養者は、飼養状況及び飼養衛生管理の遵守状況を毎年県へ報告することが義務付けられました。

同様に、小規模飼養者も、報告内容は種類と頭羽数のみとなりますが、毎年1回の報告が必要ですので、該当する方は毎年2月1日時点の飼養家畜・家きんの種類と頭羽数を調査票に記入し、玉名市農林水産政策課へ提出(FAX可)してください。調査票の提出は、毎年2月末日までにお願いします。

小規模飼養者とは、次の頭羽数の家畜・家きんの所有者のことです。

 

表:小規模飼養者について

飼養家畜・家きんの種類

頭羽数

牛・水牛・馬・ポニーの場合

各1頭

めん羊・山羊・豚・ミニブタ・いのぶた・いのしし・鹿の場合

各5頭以下

鶏・あひる・あいがも・うずら・きじ・ほろほろ鳥・七面鳥の場合

各99羽以下

だちょうの場合

9羽以下

※上記頭羽数より多くの家畜・家きんの所有者には、報告様式が送付されますので速やかに報告してください。なお、ハトやインコなどは、報告の必要はありません。

報告様式

 小規模家畜飼養者調査票(PDF 約63KB)

提出先

玉名市農林水産政策課

電話:0968-75-1126

ファックス:0968-75-1167

問い合わせ

熊本県城北家畜保健衛生所

電話:0968-46-2075


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


前のページに戻る


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 第66回金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 玉名市横島町いちごマラソン公式サイト
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ