前のページに戻る

企画展「大玉名展」開催のお知らせ

更新日:2020年5月10日

 玉名市歴史博物館こころピアでは、新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため臨時休館を継続しておりましたが、感染症対策を講じたうえで、5月14日(木)から開館することとしました。

 あわせて、臨時休館に伴い開催を延期しておりました「大玉名展」につきましても、同日からの開催となります。

 皆様のご来館をお待ちしております。

企画展「大玉名展」

 玉名市立歴史博物館こころピアは平成6年5月22日に開館し、昨年開館25周年を迎えました。開館以来、玉名にこだわって展示を続けているのには訳があります。郷土の歴史を見つめ「河のまち玉名」を再発見し未来の発展へとつなげる創造拠点であることが当館の基本構想だからです。大玉名展チラシ

 私たちのふるさと玉名は、かつて菊池川を中心に港町として繁栄を続けてきました。玉名には、米の積出し港として熊本藩の経済基盤を支えた近世のみならず、舟形石棺を畿内まで運び大和政権や大陸との交流もあった古代、菊池の玄関口として開かれ海外貿易の拠点となった中世など、全て時代をとおして豊富な歴史・文化的テーマがあります。またふるさと玉名を自分の原点として各分野で活躍した文化人も多く輩出しています。当館は開館以来、その歴史・文化を物語る資料を収集し、研究・保存してきました。開館から26年を経て収集した資料はかなりの点数になり、また時代も分野も多岐にわたっています。これらの資料をとおして、私たちはふるさと玉名の歴史・文化を多方面から知ることができるのです。

 「玉名にはなにもない」という市民が残念ながらいらっしゃいます。本当にそうでしょうか。本展では伝えられてきた資料をとおして、皆さんも一緒にふるさとの魅力について考え再発見していただきたい、玉名の歴史を知ることで郷土に愛着をもつ機会となってほしいと思います。当館は市民の心と心の架け橋という意味で「こころピア」と名付けられました。玉名に魅力を感じ愛着をもつ人たちの架け橋になる、その想いを胸に当館はこれからも活動していきます。 


期間 

前期(きらめく歴史):令和2年5月14日(木曜日)から令和2年7月12日(日曜日)

後期(きらめく人びと):令和2年7月26日(日曜日)から令和2年10月18日(日曜日)

休館日
  • 毎週月曜日(当日が祝日の場合はその翌日)
  • 祝日の翌日(その日が日曜日のときを除く)
展示品

前期:豪潮、同田貫、小代焼など

後期:木下順二、植田いつ子、川本末雄、金栗四三など

場所

博物館企画展示室

観覧料

有料(一般300円、大学生200円、高校生以下無料)

博物館の外観の写真

 



 

 

 


お問い合わせ

歴史博物館こころピア
住所:〒865-0016 熊本県玉名市岩崎117
電話番号:0968-74-3989
ファックス番号:0968-74-3986この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  

カテゴリ内 他の記事


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所