前のページに戻る

正副議長就任あいさつ

更新日:2017年11月27日

 

11月16日・17日の両日にわたり開催されました市議会議員一般選挙後初めてとなる臨時議会におきまして、このたび第7代議長・副議長に御推挙いただきました。この上なく光栄に存じますとともに、浅学非才を顧みまして責任の重さを一層痛感いたしております。また、各常任委員会等の委員の選任を初め、組合議会議員の選出等、各種構成も相整い、議会として正式に今任期の活動を開始した次第であります。

 さて、就任に際し、私どもが目指す議会運営の目標として、次の「3つの柱」を掲げることといたしました。

 1つ目は、「市民の声の反映」であります。市政とは、やはり常に民意に則したものでなければなりません。我々議員は改めてその基本に立ち返り、市民の代表かつ代弁者として、多様な民意を可能な限りくみ上げ、市政の場へと運ぶとともに、行政に反映するための審議を尽くしつつ、議会制民主主義を重んじながら、市政を推進しなければなりません。

 2つ目は、「二元代表制の尊重」です。市長と議員は、ともに公選による市民の代表であります。市長は独任制の機関として、議会は合議制の機関として、それぞれ異なる特性を生かし、また独自性を遺憾なく発揮しつつ、この二元代表制の理念のもと、互いに緊張関係を保持しながら、市民の負託に応える最善かつ最良の結果を追求していくことが必要です。また、市長と議会がいたずらに摩擦を起こすことは回避し、同時に、安易な妥協に陥ることがあってはならないと考えます。両者が正しく相携え、ともに市民の信託に応える関係性でなければなりません。

 3つ目は、「議会の調和」です。今年3月、一般会計当初予算における議会の修正議決に対し異議が唱えられ、再議に付されるなど、議会が紛糾・混乱し、市民の皆様に御心配をおかけする場面がございました。このような事態を再発させないためにも、市長と議会間の合意形成と連携を図るべく、正副議長が調整能力を発揮し、適正な議会運営を目指さなければと考えます。

 この「3つの柱」を主軸として、真に議会が市民の要請に応える仕組みを強化してまいる所存です。

一方で、市議会は今任期より定数を2名削減し、22名となりました。さらに、改選に伴い、1期生・2期生が全体の過半数を占める状況が生じております。地方議会の「なり手不足」が全国的に深刻化している中、本市はある意味、非常に躍進しているとも言えます。反面、知識や経験の浅さをどう補うか、これは議会に期待される機能や役割を果たしていく上での課題でもあります。特に、近年の地方議会は、自治体の行財政執行に対する監視牽制機能のほかに、政策立案能力が大きく要求されるようになってきております。1期生・2期生の議員が持つ新しい発想や行動力が地域社会をどう変えていくのかには注目しながらも、やはり知識と経験、そして何より政治的手腕を備えるベテラン議員による後進の指導が今任期は非常に重要になるものと認識しております。そして何より、議会全体として時代の趨勢とともに変化し多様化する市民の要請に応えるために、今後更に格段の努力を要するものと考える次第であります。そのためにも、私ども正副議長の職にふさわしい公平無私の精神をもって、市政の発展と市民福祉の向上のため、誠心誠意努力いたす覚悟でございます。

 どうか、市議会に対し、市民の皆様方の絶大なる御支援・御鞭撻を賜りますようお願い申し上げますとともに、市民の皆様方の御多幸を心から祈念し、就任のごあいさつといたします。

 

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

玉名市役所 議会事務局
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1155
ファックス番号:0968-71-0622この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  

カテゴリ内 他の記事


  • 玉名市フォトギャラリー

  • 玉名で暮らしたい
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • 九州新幹線800系
  • JR九州 新玉名駅時刻表

便利なサイト集

  • 玉名市の市勢要覧
  • 第66回金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 玉名市横島町いちごマラソン公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな市民活動支援サイト「たまりん」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所