前のページに戻る

色紙で表現する日常、玉名の風景。ちぎり絵作家・荒木聖憲さん

更新日:2017年3月26日

ちぎり絵作家・荒木聖憲(アラキミノリ)さん

荒木聖憲さんの写真


1994年岱明町生まれ。2013年荒尾支援学校高等部卒業。

受賞歴

熊本県がんばる高校生(2010・2011)、東京ディズニーリゾート絵はがきコンクール ユニーク賞(2012)、愛鳥週間用ポスター原画コンクール 金賞(2012)、優秀芸術文化賞(2012)

色紙で表現する日常、玉名の風景。

ちぎり絵「祝彩の生花」の写真祝彩の生花」(2016年)…何度も同じ場所に色紙を重ね立体感を出している


1mm〜数cmにちぎった色とりどりの色紙を、ひとつひとつ貼りあわせて描く、ちぎり絵の世界。

岱明町に住む荒木聖憲さん(22)のちぎり絵は、多彩で、細やかな濃淡が素晴らしく、見る人が思わず触ってみたくなるほど繊細なもの。間近で見るまで、写真や絵画だと思う人も多いほどです。

荒木さんは、中学2年の時に裸の大将として有名な山下清の作品に触発され、身近な風景を題材にちぎり絵の制作を始めました。働いている今も、平日は4、5時間、休日は10時間ほど制作に打ち込んでいます。一作品完成させるのに5カ月かかることもありますが、これまでに完成させた作品は90点以上。ちぎり絵は独学で、極細のこよりを使うなど表現したいものに合わせて技法を考えていきます。1年前からは、風景画では使わない色や表現に挑戦しようと抽象画に取り組み、静物画の背景(1)にそのデザインが生かされることも。作品はこれまでに熊本県立美術館分館、玉名市立歴史博物館こころピア、カフェギャラリーなどで展示され、多くの観客の感嘆の声を集めてきました。

荒木さんは幼い頃に軽度の自閉症との診断を受けています。強いこだわりや自分なりのルールなどで生活のしづらさを感じることはありますが、ちぎり絵の制作に高い集中力、細部へのこだわりを発揮できたりと、障がいというより自分の特性の一つと捉えています。

日頃からカメラを持ち歩き、気に入った風景は作品の参考に。あなたの身近な風景も、いつか荒木さんのちぎり絵の題材になるかもしれません。

ちぎり絵の写真

2「玉名高瀬花しょうぶまつり」(2015年)…色紙の表面をはいで空の透明感を表現。3「金閣鹿苑寺」(2010年)。4「行末川から見た風景」(2011年)…細かくちぎった紙で田んぼの稲を表現した通学路の風景。


ちぎり絵の拡大写真


数十種類の色紙を重ね濃淡を表現。


 引用元:「ちぎり絵作家荒木聖憲」『広報たまな』平成28年12月号抜粋(PDF 約429KB)広報たまな平成28年12月号の画像


※本ページは上記記事を元に加筆・修正して作成しました。人物の年齢・肩書きは平成28年12月1日現在のものです。 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

玉名市役所 企画経営部 地域振興課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1421
ファックス番号:0968-75-1166この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ