前のページに戻る

手がつなぐ心

更新日:2017年3月26日

手がつなぐ心

手話の写真


ちぎり絵をつくる手、手話をする手

ちぎり絵や手話を学ぶ人の写真


障がいがあるって?

障がいがある人は、社会の中にある様々な「バリア」(障壁)によって、生活しづらい場合があります。障がいは一人一人違うため、「バリア」もそれぞれ違います。

情報障がいって?

生活の中には、情報があふれています。新聞やテレビ、ラジオ。何気ない会話や、生活音にも情報は含まれています。もし、耳が聞こえなくなったら。もし、目が見えなくなったら。聞くだけの情報や、見るだけの情報は、伝わりにくくなります。耳や目などに障がいがある人は、「情報を得る・伝える手段」にバリアがあります。

一人一人違う、情報のやりとり

聞こえない人全てが、手話を使うわけではなく、文字の情報を好む人もいます。目が見えない人全てが、点字を使うわけでもなく、音の情報を好む人もいます。障がいの程度などによって、情報を得る・伝える手段は大きく変わります。

「障害者週間」

毎年12月3日から9日は、「障害者週間」です。この期間は、障がいがある人への理解を広げるために、様々な取り組みが行われています。『広報たまな』平成28年12月号では、意識啓発の一環として、「障がいがある人」と「障がいがある人を支援する人」を特集します。

色紙をちぎる荒木さんの手


色紙をちぎる荒木聖憲さんの手。

手話通訳をする手

松尾美千子さんの写真


「手話通訳という仕事は、聞こえない人と聞こえる人が会話をする時の支援です」と話す松尾美千子さん。

熊本県に30人しかいない、「手話通訳士」のうちの1人。市役所での勤務は週一回。それ以外の日は、通訳依頼を受け、県内で活動している。

手話通訳とは

日常ではあまりなじみのない『手話通訳』という言葉。わかりやすく表現すると、音声を手話にして聞こえない人に伝え、手話を音声にして聞こえる人に伝えるということ。聞こえない人とは、声で会話をすることができない。しかし、筆談はとても時間がかかる。

聞こえない人にとっての言葉である「手話」と、聞こえる人の「日本語(声)」を結びつけるのが手話通訳だ。手話通訳がはいると、筆談よりもスムーズで、より正確な会話ができる。手話通訳は聞こえない人のためだけでなく、聞こえる人のためにも必要だ。

様々な場所で活躍

活躍の場面は、買い物から政見放送までと多岐に渡る。よくある場面は病院。聞こえない人と一緒に診察室に入る。そして、聞こえない人と医師の間に立ち、お互いの話を、手話を使い通訳する。

「聞こえない人が知りたいことや、聞こえる人が言いたいことが、正確に伝わるようにしています」

単なる直訳ではない

手話通訳は、相手の理解度に応じて言葉を選び、表現をかえている。主役である聞こえない人が、理解できるように通訳することが、手話通訳の使命。

 単なる直訳ではないため、「手話ができる」と「手話通訳ができる」は大きく違い、高い技術力が求められる。

求められる配慮

配慮するべき点も多い。例えば、中立性。通訳に個人的な意見や思いが反映されないように、細心の注意を払う。また、聞こえない人のプライバシーを守ることは絶対だ。

継続的な学びが必要

これまで請け負った通訳件数は数え切れない。しかし、向上心は衰えない。通訳技術を磨き、社会の制度を学ぶ。手話通訳という専門職として、たゆまぬ努力を続ける。

忙しい毎日だが、松尾さんは疲れを見せない笑顔で次のように話す。

聞こえない人と共に、聞こえない人が自分で考え、判断し、行動できる社会にしていきたい」と。

通訳内容を振り返る松尾さんの写真


合間に、通訳内容を振り返る。

手話通訳者は足りない

熊本県、そして玉名市は手話通訳に関する有資格者がまだまだ少ない。しかし、必要としている人

はたくさんいる。手話通訳は、聞こえない人の権利や命を守るとても大切な存在だ。

情報を得る手段は一人ひとり違う。聞こえない人が聞こえる人と同じように、知りたいことを知り、自分で行動できる社会を目指したい。

松尾美千子(まつお みちこ)

窓口で手話通訳をする松尾さんの写真


玉名市小野尻出身。次女の難聴をきっかけに、聞こえない人の世界へ。平成17年から手話通訳士。平成22年から玉名市役所設置通訳者。

手話通訳の資格■
  • 手話通訳士。厚生労働大臣認定試験である手話通訳技能認定試験。
  • 手話通訳者。手話通訳全国統一試験や、熊本県ろう者福祉協会認定手話通訳者試験など。

※ろう者とは、手話を使う聞こえない人。

手話を学ぶ手

「手話」は、聞こえない人が会話する手段の一つです。

ひとつの「言語」として確立していて、日本語とは違う文法を持っています。母語とは違う言語の学習はとても大変ですが、手話を勉強している人たちが玉名市にもいます。

毎週木曜日、玉名市文化センターで開講されている『手話奉仕員養成講座』の受講生のみなさんです。

手話奉仕員養成講座の講座生の写真


この講座では「手話通訳」の入門として、日常会話程度の手話を学べます。

今年の受講生は10人で、長洲町や和水町の人もいます。

年齢や、受講のきっかけはそれぞれ違いますが、みなさん楽しく学んでいます。

手話で話す講座生の写真


講座生の写真


手話通訳は、日本語と手話、2つの言語をつないでいます。


 ※本ページは上記記事を元に加筆・修正して作成しました。人物の年齢・肩書きは平成28年12月1日現在のものです。

広報たまな平成28年12月号の表紙画像


広報たまな平成28年12月号の画像



広報たまな平成28年12月号の画像

追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

玉名市役所 企画経営部 地域振興課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1421
ファックス番号:0968-75-1166この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 第66回金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 玉名市横島町いちごマラソン公式サイト
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ