前のページに戻る

金栗四三さんゆかりの地めぐり(住家・お墓など)

更新日:2019年5月24日

日本マラソンの父・金栗四三のふるさと玉名

玉名高校陸上部員と笑う金栗さん


金栗さんゆかりの地マップの画像


金栗さんは、92年の人生の中で青春時代と後半生の約50年を玉名市で暮らしました。

日本マラソンの父・金栗四三さん ゆかりの玉名をめぐってみませんか?

金栗さんが40年以上暮らした小田地区

玉名市上小田の風景写真です

 


金栗さんはオリンピック出場後、22歳の時に小田村(現玉名市上小田)の池部家の養子に行くことになり、1914年4月、石貫村(現玉名市石貫)の医師の娘春野スヤさんと結婚。

家族写真


オリンピックでの雪辱を誓う金栗さんは、養母幾江や妻の深い理解もあって結婚後も妻を玉名に残し東京でマラソン競技や後進育成に邁進しました。

妻や子どもたちは上小田の家で暮らしながら金栗さんを支える時期が続きますが、お互いの近況を手紙や絵はがきで小まめにやりとりしています。

金栗さんの家族写真


金栗四三住家(池部家)

 金栗四三さん住家の写真


金栗四三さん住家の写真


金栗四三さん住家の写真


1924年パリ大会を最後に競技の第一線から退いた後も、東京で女学校に勤めながらマラソンや女子体育の振興に力を注いだ金栗さん。しかし、長兄の死を契機に39歳で上小田に帰郷、学校対抗のマラソン大会や駅伝競走を企画するなど県内外でマラソン普及に奔走しました。

その後、幻の東京オリンピック準備のため上京し8年ほど東京で暮らしますが、53歳で再び帰郷。以後、1983年に92歳で生涯を閉じるまで玉名市上小田で暮らしました。

縁側でくつろぐ金栗さんの写真


  • 公開時間:午前9時〜午後5時
  • 観覧料:無料
  • 金栗さんと妻スヤ、養母池部幾江はじめ家族が暮らした築120年の家。
  • 内部を玄関や縁側から見学できます。
  • 隠居部屋として建てられた離れを改装した金栗四三資料館では、ここでしか見られない金栗さんとその家族の写真・遺品を展示。

展示状況の写真


金栗四三翁の墓(池部家の墓)・記念碑

お墓と記念碑の写真 


1983年11月、92歳で永眠。妻スヤや養母幾江など家族と眠るお墓は、小田の田んぼや小岱山など金栗さんが暮らした風景を見渡せる高台にあります。

お墓の前には、金栗さんの書「体力・気力・努力」と短歌、スヤさんの短歌が刻まれた記念碑が建っています。

金栗さんのお墓からの眺めの写真


金栗瀬戸口公園

金栗瀬戸口公園の写真


金栗瀬戸口公園の写真


金栗さんが家族とよく訪れた場所。東京で暮らしているときも、帰郷した際には子どもたちを連れて、公園の池で遊泳していました。

公園には湧き水があり、キャンプやバーベキューもできます。5月末から6月には蛍が舞う姿も。

平成31年12月には、小田地区の住民の皆さんによって遊歩道が手作りされました。

金栗瀬戸口公園の道案内の写真


金栗さんの住家から徒歩5分程で行けます。

小田地区へのアクセス

 

【駐車場】

ゆかりの地駐車場の写真


【バス】

 金栗四三周遊バスの写真


金栗四三にここで会える! 

玉名市立歴史博物館こころピア

金栗四三展バナー写真


ご遺族から寄贈された資料の中からユニホーム、金栗足袋、直筆の書、オリンピックの写真など1,000点全てを3期に分けて入れ替えながら展示。

企画展図録や金栗四三すごろく、ポストカードも販売しています。


金栗足袋・ユニホームの写真

足袋屋「播磨屋」の黒坂辛作と作り上げた金栗足袋の実物も展示中


 金栗さん本人や家族が金栗(池部)家で大切にしてきた写真や手紙、メダルなどで25万キロのマラソン人生を紹介します。

青春時代の写真


玉名中学校時代の写真や通知表、東京高等師範学校時代の写真や羽田の予選会記録証

スヤさんとの写真や手紙


新婚時代にスヤさんに宛てた手紙や夫婦の写真
オリンピックの資料の写真


オリンピック出場時の写真やランニングシャツ
後進育成の資料の写真


女学生との写真や箱根駅伝のメダル、スウェーデンでのゴールシーンの写真など

いだてん 大河ドラマ館

大河ドラマ館のロゴ画像


 

ドラマ館の内容の画像


 

金栗さんゆかりの地

 金栗四三銅像(新玉名駅)

 金栗四三像


金栗さんの母校・玉名高校の同窓会が先輩の功績を称えようと2018年11月に建立。

県立玉名高校(旧制玉名中学校)

旧制玉名中学の写真 


旧制玉名中学校に入学後は学校敷地内にあった寄宿舎で暮らし、週末には走ったり歩いたりしながら春富村(現和水町)の生家へ帰る生活を送りました。

玉名高校の銅像の写真


玉名高校の校庭には、銅像があります。昭和44年に建立されて以来生徒達をずっと見守っています。


 金栗記念広場

 金栗記念広場の写真


桃田運動公園にある多目的運動広場で、マラソン競技の第一人者であり名誉市民でもあることからその名が付きました。運動公園内には玉名市内から有明海、雲仙までを見渡せる玉名天望館があります。 

玉名を走ろう〜RUN旅〜


周辺観光情報

高瀬裏川の花しょうぶ

高瀬裏川一帯には、高瀬目鏡橋をはじめ江戸時代からの石橋や石垣、古い商家が残っており、5月下旬から6月上旬にかけて花しょうぶが見事に咲き誇ります。

毎年6月には「高瀬裏川花しょうぶまつり」が開催され、花しょうぶのライトアップや出店など、たくさんのイベントが行われます。会場から大河ドラマ館「いだてん」ロケ地まで徒歩5分ほどで行けます。

花しょうぶまつりの写真


蛇ヶ谷公園の桜

小さい子どもから大人まで楽しめる遊具があり、春は桜のお花見ができます。

蛇ヶ谷公園の桜の写真蛇ヶ谷公園の夜桜の写真

 


 玉名ラーメン

玉名ラーメンの写真


玉名温泉

 足湯の写真


 高瀬船着場跡(大河ドラマロケ地)

 高瀬船着場跡の写真


「いだてん」ロケの様子


高瀬眼鏡橋

 高瀬眼鏡橋の写真


西郷小兵衛戦死の地碑

西郷小兵衛戦死の地碑


装飾古墳

大坊古墳の写真


2019年3月24日(日曜日) 一斉公開!
日本遺産〜菊池川流域「今昔『水稲』物語」〜

日本遺産バナー画像です


 玉名市の観光情報サイト

玉名市観光情報

下記バナー画像をクリックしてご覧ください

観光情報バナー

 


 

タマてバコ(玉名市公式観光案内サイト)

タマてバコのバナー


 

【玉名うまかめし】お食事処・お土産マップ(外部サイト)

下記バナー画像をクリックしてご覧ください

玉名うまかめしのバナー


金栗四三バナー画像


 

 生誕の地 玉名郡和水町

金栗さんが生まれてから玉名中学校に入学するまでの約14年間暮らした生家や、生涯の歩みを体感できるミュージアムがあります。

金栗さんゆかりの地広域マップの画像


 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

玉名市役所 企画経営部 地域振興課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1421
ファックス番号:0968-75-1166この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 第66回金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 玉名市横島町いちごマラソン公式サイト
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ