前のページに戻る

特別定額給付金・各種支援策に関するお知らせ

更新日:2020年7月21日

特別定額給付金の申請受付期限が迫っています

特別定額給付金申請受付促進チラシ


特別定額給付金の申請はもうお済みですか。

玉名市での申請受付期限は、8月21日(金曜日)までです。
8月22日以降の申請は給付金を受け取ることができません。

受給を希望される人で、まだ申請がお済みでない人は、お早めに申請手続きをお願いします。(※受給を希望しない人は、申請する必要はありません。)

また、皆さまの周りで「ひょっとしたら、まだ未申請なのでは?」と思い当たる人がいらっしゃいましたら、お声掛けをお願いいたします。

 

 

特別定額給付金・各種支援策に関するお知らせ

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う支援策等に関する相談窓口を開設しています。相談内容ごとに窓口(担当部署)が分かれていますので、 内容に応じて電話にてお問い合わせください。

 

  

 

特別定額給付金(総務省特設サイト:2020年5月1日オープン)

※特別定額給付金制度の概要については、こちらのサイトをご覧ください。

特別定額給付金の関連サイト・関連リンク(外部リンク)

 

 

記事目次

以下、このページ内へのリンクです。

特別定額給付金
支援策に関する情報一覧(個人世帯向け・事業主向け)

 

各種支援策(国・県・市・その他)に関するリンク 
事業者の皆様へ
玉名市独自の緊急経済対策

 

 特別定額給付金制度の概要

事業実施主体と経費負担
  • 実施主体は市区町村
  • 実施に要する経費は国が全額補助
給付対象者及び受給権者
  • 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている人
  • 受給権者は、世帯主

 

【ご注意ください】

基準日以降に死亡した単身世帯の世帯主の方については、申請を行っていない場合、総務省の定めにより対象者とはなりませんのでご注意ください。

給付額
  • 給付対象者1人につき10万円
申請及び給付の方法
  • 感染拡大防止の観点から、給付金の申請は「オンライン申請方式」または「郵送申請方式」のいずれか
    ※詳しい申請方法については、こちら(総務省特設サイト)をご覧ください。
    マイナンバーカードの取得について(内部リンク)
  • 給付は、世帯主の申請による、世帯主口座へのお振り込みが原則です。
    代理申請となる場合は、郵送申請をご利用ください。
受付及び給付開始日
  • 市区町村において決定。
表:受付及び給付開始日(玉名市の場合)
申請方式受付開始日給付開始日
オンライン申請方式
(マイナンバーカードをお持ちの方のみ)
5月1日(金曜日)から第1回目は5月15日(金曜日)
郵送申請方式
(または代理申請をご利用の方)
5月21日(木曜日)から第1回目は5月28日(木曜日)

※「郵送申請用書類」は、5月14日(木曜日)に発送しております。
 代理申請はオンラインではできません。代理申請をご利用の場合は、必ず郵送申請にて行ってください。
  

申請受付期限

令和2年8月21日(金曜日)

  • 郵送の場合は、当日消印有効
  • オンラインの場合は、当日受付分まで

 

 

 

 特別定額給付金の「オンライン申請」の方法について(マイナンバーカードをお持ちの方のみ)

マイナンバーをお持ちの方は、オンラインでの申請が可能です。

申請方法を動画にて紹介しておりますので、こちらをご覧ください。

 

※【注意】スマートフォンで申請を行う場合、「プライベートブラウズモード(シークレットモード)」の設定のまま申請処理を行うと申請作業途中でタイムアウトとなり正常に処理ができないようです。その場合は、「プライベートブラウズモード(シークレットモード)」を解除して申請処理を行ってください。

 

オンライン申請方法の流れについて
  1. 受給権者(世帯主)のマイナンバーカードを準備
    マイナンバーカードの取得について(内部リンク)
  2. マイナポータルにログイン
    スマートフォンの場合は、マイナポータルアプリ。パソコンの場合は、「マイナポータル」で検索。特別定額給付金の申請画面を選択。 
    ※マイナポータルサイト(外部リンク)
    ※マイナポータルAPに対応しているスマートフォン(外部リンク)
    ※マイナポータルに関するよくあるご質問(外部リンク)
  3. 家族情報、振込先口座情報入力
    世帯情報、口座情報を入力。

    口座情報確認書類(振込先口座を確認できるもの:通帳など)を撮影し画像をアップロード。

  4. 指定の振込先口座に振り込み
    指定口座に世帯全員分の給付金を5月中旬から順次振り込みます。 

【オンライン申請上の注意】

  • オンライン申請を行う場合は、申請処理の最後に「署名用電子証明書の暗証番号」を入力する必要があります。
  • なお、「署名用電子証明書の暗証番号」は、マイナンバーカード受け取り時に設定した英数字6〜16桁の暗証番号です。
  • 暗証番号の入力を連続5回間違えるとロックがかかります。ロックがかかった場合、または暗証番号を忘れた場合は市役所担当窓口での手続きが必要となりますので、ご注意ください。
  • パソコンで申請する場合は、ICカードリーダが必要です。

 

【関連記事】

 

 

 特別定額給付金の「郵送申請」の方法について(または代理申請をご利用の方)

市から受給権者(世帯主)に宛てた「郵送申請用書類」を5月14日(木曜日)に発送しております。

封筒の中には次のものが封入されています。

  • 特別定額給付金申請書(黄色の用紙)
  • 特別定額給付金のご案内(白色の用紙)
  • 返信用封筒(青色の封筒)

ここでは、特別定額給付金申請書(黄色の用紙)を記入する上での注意点をご説明します。

 

申請用紙は両面になっています

特別定額給付金申請書(オモテ面)特別定額給付金申請書(ウラ面)


 



 


申請書には片面だけでなく、ウラ面もございます。

見落とさないようにくれぐれもご注意ください。

申請書の「オモテ面」について

まず、申請書の「オモテ面」について説明します。

次の流れに沿って、必要事項を記入します。

ボールペンで分かりやすくはっきりと記入してください。

 

申請時日付記入


 


まず、申請時の日付をご記入ください。

 

押印・電話番号記入


 


令和2年4月27日現在の世帯主の氏名・住所をご確認のうえ押印し、必ず電話番号を記入してください。

※申請時点で当該世帯主の方が亡くなられている場合は、新たな世帯主を朱書きで訂正してください。

 

 

給付対象者確認


 


給付対象者を確認します。

記載内容に誤りがあれば、朱書きで訂正してください。

給付金の給付を「希望する」「希望しない」のいずれかにチェックを入れてください。なお、世帯に給付を希望されない方がいらっしゃる場合は、合計金額を朱書きにて訂正してください。

 

 

振込口座記入


 


振込を希望する口座情報を記入してください。

※ゆうちょ銀行を選択された場合は、貯金通帳の見開き左上またはキャッシュカードに記載された記号・番号をお書きください。

 

 

【代理申請を行う場合のみ】

※【注意】受給権者(世帯主)本人が申請を行う場合は、こちらの記入は不要です。

代理申請記入


 


 


代理申請を行う場合は、必要事項を記入し、委任内容を○(マル)で囲んでください。

代理申請を行う受給権者(世帯主)の署名漏れ、または押印漏れにご注意ください。

  

<代理申請の要件>

世帯主に代わって申請等が行えるのは、次のいずれかの者となります。

  1. その世帯主と同じ世帯構成者
  2. 世帯主の法定代理人(成年後見人等)
  3. 民生委員、区長、親類の者、施設の職員、その他平素から世帯主ご本人の身の回りの世話をしている者等で、市長が特に認める者

 

 


申請書の「ウラ面」について

申請書の「ウラ面」について説明します。

本人確認書類添付


まず、運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、パスポートなど、受給権者(世帯主)本人であることが確認できるものの写し(コピー)を添付します。

なお、添付する書類は、受給権者(世帯主)の方お一人分のみです。世帯全員分を用紙し添付する必要はございません。

 

 

 口座確認書類添付


次に、通帳またはキャッシュカードなど、振り込みを希望する金融機関の口座情報が確認できるものの写し(コピー)を添付します。

なお、通帳の場合は、金融機関名、口座番号、口座名義人(カタカナ表記)が分かる部分の写し(コピー)です。通帳を開いて一番最初のページ(表紙のウラのページ)になります。通帳の表紙の写し(コピー)ではありませんので、ご注意ください。

また、申請書オモテ面の受取口座欄に記入した口座情報と、ウラ面に添付する口座確認書類の口座情報が一致していることを必ず確認してください。

 

 

【代理申請の場合の添付書類】
委任の方法代理人が世帯内の人の場合代理人が世帯外の人の場合
申請・請求を委任する場合
  • 代理人の本人確認書類
  • 代理人の本人確認書類
  • 世帯主と代理人の関係を証明する書類
受給を委任する場合
  • 世帯主と代理人の本人確認書類
  • 世帯主と代理人の本人確認書類
  • 世帯主と代理人の関係を証明する書類
申請・請求及び受給を委任する場合

以上で、申請書の提出準備は終了です。

再度、不備がないかをご確認いただき、返信用封筒(青色の封筒)に入れて郵便ポストに投函し市役所に提出してください。

 

申請書提出前に不備がないか今一度ご確認ください

特別定額給付金は申請書の審査が済んだ方から順次振り込みを行いますが、申請書に不備がありますと受理ができません。

特に、申請書オモテ面の押印漏れや、申請書ウラ面に必要な本人確認書類・口座確認書類の添付漏れがある場合、申請書を一旦送り返し、不備の手直し後に再度申請(郵送)していただかなければなりません。このやりとりにおおむね2週間程度の時間を要しますので、結果、振り込みの時期が予定より遅れてしまうことになります。

 

郵送申請に際しましては、円滑な給付のため、提出前に次の事項を今一度ご確認願います。

  • 申請書オモテ面に必要事項の記入漏れや押印漏れはないか
  • 本人確認書類・口座確認書類の添付漏はないか
  • 申請書オモテ面の受取口座欄に記入した口座情報と、申請書ウラ面に添付の口座確認書類の口座情報は一致しているか

 

 

【ご注意ください】

基準日以降に死亡した単身世帯の世帯主の方については、申請を行っていない場合、総務省の定めにより対象者とはなりませんのでご注意ください。

 

 

 特別定額給付金の振り込み日(6月以降)について

特別定額給付金の振り込み日については、

6月以降は毎週、火曜日と木曜日の週2回です。

申請内容の審査(申請内容に不備がない等の確認)を終了した方から順次、決定通知書を送付の上、世帯全員分の給付金を指定口座に振り込みます。

なお、振り込み不能分(口座が休止されていたなどの理由により、振り込みできなかった分)については、指定先口座の再確認等、確認作業の終了後、随時振り込みます。

 

 特別定額給付金に関するお問い合わせ

 玉名市総務課 給付金対策室
                          表:玉名市総務課 給付金対策室

設置場所

電話番号応答時間

玉名市役所 本庁3階

0968-75-1406

0968-75-1420

午前9時から午後5時まで

(平日のみ)

※【注意】現在、大変多くの問い合わせがあっており、電話が大変つながりにくくなっています。つながらない場合は時間をおいてお掛け直しください。

※新型コロナウイルス感染症の影響を受けている方への各種支援策についてのお問い合わせは、それぞれの担当窓口に直接お問い合わせください。各種支援策(問い合わせ先情報含む)につきましては、「新型コロナウイルス感染症について(サイト内リンク)」に掲載しております。


 

コールセンター(総務省)
                     表:総務省コールセンター
設置場所電話番号応対時間

総務省

0120-260020

(フリーダイヤル)

 午前9時から午後6時30分まで(平日、休日問わず)

※注意:現在、大変多くの問い合わせがあっており、電話が大変つながりにくくなっています。つながらない場合は時間をおいてお掛け直しください。

※なお、特別定額給付金(仮称)に関するお問い合わせは、上記コールセンター以外ではお受けしておりません。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

 

 給付金を装った詐欺に注意してください

それ、給付金を装った詐欺かもしれません!

給付金サギ防止チラシ


 

「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください!

  • 市や総務省などが現金自動支払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません
  • 市や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振り込みを求めることは、絶対にありません
  • 市や総務省がメールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めることは、絶対にありません

 

「怪しいな?」と思ったら遠慮なくご相談ください。

表:給付金サギ電話相談窓口一覧表
相談窓口電話番号
消費者ホットライン

188(局番なしの3桁)

新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン0120-213-188
玉名市総務課 給付金対策室

75-1406

75-1420

玉名市消費者生活センター75-1422
玉名警察署74-0110
警察相談専用窓口♯9110

 


新型コロナウイルス感染症に伴う主な支援策

 個人世帯向け支援策

給付(もらえる)
表:個人世帯向け支援策(給付)
対象支援策名

内容

担当窓口
すべての人特別定額給付金一律1人10万円給付

玉名市総務課給付金対策室

75-1406、75-1420

子育て世帯臨時特別給付金

児童手当受給世帯へ

児童1人につき1万円給付

玉名市子育て支援課

75-1120

ひとり親世帯

玉名市令和2年度ひとり親世帯応援給付金

児童扶養手当受給世帯へ

1世帯につき1万円給付

住居を失う恐れ住居確保給付金家賃の支給(支給額などは要件ごとに算出)

玉名市くらしサポート課

75-1502

貸付(かりる)
表:個人世帯向け支援策(貸付)
対象支援策名内容担当窓口
家計の維持が難しい

緊急小口資金(特例貸付)

貸付上限20万円、返済期間2年(据置1年)、保証人不要、無利子

玉名市社会福祉協議会

73-9050

総合支援資金(特例貸付)

2人以上世帯は上限月20万円、単身世帯は上限月15万円、返済期間10年(据置1年)、貸付期間:原則3カ月以内
ひとり親家庭母子父子寡婦福祉資金事業所の休業など保護者の就業環境が変化した際「生活資金」の活用が可能

玉名地域振興局総務福祉課

75-2117

家計急変などで学費支援が難しい高等教育就学支援新制度授業料・入学金の免除・減免給付型奨学金の支給

  
日本学生支援機構奨学金相談センター

0570-666-301

 

各大学などの学生課

貸与型奨学金

無利子:月額2万円から6万4千円

有利子:月額2万円から12万円

 猶予・減免・延長
表:個人世帯向け支援策(猶予・減免・延長)
内容支援策内容担当窓口
市税の納税が困難徴収の猶予制度の特例

収入が前年同期比おおむね20%以上減少

→原則1年間納税を猶予(無担保・延滞金なし)

玉名市税務課納税対策室

75-1115

健康保険税の納税が困難国民健康保険税の減免 

1.主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病

2.事業収入など前年の30%以上減少

→いずれかの場合に10分の2から全部を減免

玉名市税務課市民税係

75-1114 

介護保険料の納付が困難 徴収の猶予6カ月以内の期間を徴収猶予(要件あり)

玉名市高齢介護課(介護保険)

75-1339

後期高齢者医療保険料の納付が困難保険料の減免保険料の全部または一部を減免(要件あり)

玉名市保険年金課(後期高齢者医療)

75-1117

保育所などへの登園を自粛保育料の減免 0歳から2歳(保育料を日割りで減免)

玉名市子育て支援課

75-1120

副食費の減免3歳以上(副食費を日割りで減免)(公立)
市営住宅入居者市営住宅の家賃減徴収猶予、家賃減額・減免に対応

玉名市営繕課

75-1311

奨学金の返済が困難奨学金の返済猶予相談内容に応じ、返還の猶予

玉名市教育総務課

75-1133

水道料金・下水道使用料の支払いが困難支払い猶予および給水停止の凍結

納付期限の延長、分割納付の受け付け、給水停止の凍結

玉名市上下水道総務課

75-1140

要介護認定が必要有効期間の延長

現在の認定有効期間から12カ月延長

(更新申請のみ)

玉名市高齢介護課

75-1339

国民年金保険料の支払いが困難免除・支払い猶予

保険料の納付が免除・猶予の場合あり

玉名市年金事務所

74-1612


 事業主向け支援策

給付(もらえる)
表:事業主向け支援策(給付)
対象支援策内容担当窓口
売上50%以上減少持続化給付金

2020年の売上が前年同月比50%減少の場合、年換算した減収分を給付

上限:中小200万円個人100万円

コールセンター

0120-115-570

(午前9時から午後7時まで)

 

申請サポート会場来訪予約

0120-835-130

(24時間)

売上30から50%減少熊本県事業継続支援金

持続化給付金の対象業種に合致し、ひと月の売上が前年同月比30%から50%減の場合(国の持続化給付金との重複はできません)

上限:法人20万円個人10万円

熊本県事業者支援相談窓口

096-333-2828

玉名市事業継続支援金

持続化給付金の対象業種に合致し、ひと月の売上が前年同月比30%から50%減の場合(国の持続化給付金との重複はできません)

上限:法人20万円個人10万円

 

・商工等事業者の方はこちら
・農林水産業者の方はこちら

玉名市商工政策課

71-2065

 

玉名市農林水産政策課

75-1126

 

従業員に休んでもらう雇用調整助成金

休業手当の一部助成

助成率は企業規模、雇用条件で変動

厚生労働省コールセンター

0120-60-3999

 

熊本労働局職業対策課分室

096-312-0086

従業員に子どもがいる小学校休業等対応助成金小学校休業等で労働者に有休を与えた場合、企業に助成金(日額8,330円)を支給
フリーランスで子どもがいる小学校休業等対応支援金一定の要件を満たし、就業できなかった場合、支援金(日額4,100円)を支給
玉名市内の飲食店玉名市飲食店特別支援金

2020年3月1日に営業していた事業者

一律10万円を給付(6月30日まで)

玉名市商工政策課

71-2065

玉名市内の宿泊業者玉名市宿泊施設特別支援金

2020年3月1日に営業していた事業者

20万円から100万円を給付(6月30日まで)

休業要請の対象施設熊本県休業要請協力金

4月22日から5月6日までに休業した施設

10万円を給付(6月30日まで)

熊本県商工政策課

096-333-2828

 補助金
事業者向け支援策(補助金)
対象支援策内容担当窓口
投資をする生産性革命推進事業

ものづくり・商業・サービス補助

持続化補助、IT補助

中小企業基盤整備機構

092-263-0300

テレワーク導入支援働き方改革推進支援助成金テレワーク用通信機器の導入などに係る経費を補助税制面での特例あり

テレワーク相談センター

0120-91-6479

貸付(かりる)
表:事業主向け支援策(貸付)
対象支援策内容担当窓口

売上5%以上減少

 

追加要件を満たせば実質無利子・無担保の対象

マル経融資

1千万円(別枠)、対象:小規模事業者、融資期間:設備10年(据置4年)・運転7年(据置3年)  

玉名商工会議所

72-3106

 

玉名市商工会

57-0323

新型コロナウイルス対策衛経融資

1千万円(別枠)、対象:生活衛生関係営業者、融資期間:設備10年(据置4年)・運転7年(据置3年)

日本政策金融公庫

096-353-6121

新型コロナウイルス感染症特別貸付
  • 国民生活(個人事業所、小規模事業者):6千万円(別枠)、設備20年・運転15年(据置5年)
  • 中小企業(中小企業者):3億円(別枠)、設備20年・運転15年(据置5年)
生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付

6千万円(別枠)、対象:生活衛生関係営業者、融資期間:20年・運転15年(据置5年)

商工中金による危機対応融資3億円(別枠)、融資期間:設備20年・運転15年(据置5年)

商工中金

096-352-6184

売上10%以上減少衛生環境激変対策特別貸付飲食店関係:1千万円、旅館業:3千万円(別枠)、融資期間:運転7年(据置2年)

日本政策金融公庫

096-353-6121 

売上15%以上減少衛生環境激変対策特別貸付8千万円(特別枠)、融資期間:10年(据置2年)、保証料なし、3年間無利子(市が補助)

取扱金融機関

 

玉名商工会議所

72-3106

 

玉名市商工会

57-0323

売上20%以上減少

セーフティネット保証4号対応分(県)8千万円(特別枠)、融資期間:10年(据置1年)、保証料なし、3年間無利子(市が補助)
売上減少幅に関係なし金融円滑化特別資金(県)8千万円(特別枠)、償還期間:10年(据置1年)、保証料なし、3年間無利子(市が補助)

売上5%以上減少

(減少率で保証料異なる)

新型コロナウイルス感染症対応資金(県)3千万円(セーフティネット保証・危機関連保証と同枠)、融資期間:10年以内(据置5年)、保証料一部要、3年間無利子

収入10%以上減少の農林漁業者

セーフティネット資金限度額600万円、償還期間:10年以内(据置3年)、3年間無利子

熊本県団体支援課

096-333-2371

緊急支援資金限度額1千万円、償還期間:10年以上(据置3年)、5年間無利子、保証料不要
猶予
表:事業主向け支援(猶予)
対象支援策内容担当窓口
税金の納付が困難法人税、消費税、固定資産税など基本的にすべての税金

事業収入が前年同月比で20%以上減少した場合、無担保、延滞税なしで原則1年間納税猶予

固定資産税・都市計画税の軽減措置(令和3年度分)

玉名市税務課

75-1115

 

玉名税務署

72-2125

社会保険料が払えない健康保険料や厚生年金保険料の猶予事業について著しい損失を受けた場合に納付が猶予

健康保険協会または組合

 

日本年金機構

水道料金・下水道使用料・ガス料金・電気料金が払えない

水道料金・下水道使用料・ガス料金・電気料金の支払い猶予新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、水道料金・下水道使用料・ガス料金・電気料金の支払いに困難な事情がある場合、支払いの猶予

玉名市水道お客様センター

72-2105

 

玉名市上下水道総務課

75-1140

 

ガス・電気契約会社

 

 

 

 各種支援策(国・県・市・その他)に関するリンク

国の支援策
県の支援策
 市の支援策
その他

 

 

 中小企業・小規模事業主の皆様へ

 
経済産業省の支援策のご案内

新型コロナウイルスによる企業への影響を緩和し、企業を支援するための施策が経済産業省ホームページに掲載されています。

経済産業省案内の支援策の内容

  1. 持続化給付金
  2. 支援策パンフレット
  3. 資金繰り支援(貸付・保証)
  4. 在宅勤務の推進
  5. テレワーク導入に関する費用
  6. 新型コロナウイルス対策補助事業
  7. 輸出入手続き緩和等
  8. 下請中小企業への配慮要請
  9. 個人事業主・フリーランス支援
  10. 雇用等への配慮要請
  11. EdTech事業の取組支援
  12. 支援情報の検索サービス
  13. 情報通信関連企業によるテレワーク導入に対する支援事業

 

 

 飲食業・宿泊業・食品販売業等の皆様へ(テイクアウト・デリバリーメニューをPRしませんか?)

玉名商工会議所からのお知らせです

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、不要不急の外出を控え、宴会などの自粛が続いている状況です。そのような中、飲食業・宿泊業等の事業者の中には、「お持ち帰りメニュー」を新たに始めるなど、努力されている店舗も多いようです。玉名商工会議所では、「お持ち帰りメニュー」や「出前メニュー」をホームページに掲載し、少しでも広報をお手伝いさせていただきたいと思います。

趣旨に賛同される事業者の方は、下記のチラシをご覧いただき、申込書に必要事項を記入のうえ、ぜひ活用ください。掲載無料です!


お問い合わせ

玉名商工会議所

電話:0968-72-3106 ファクス:0968-72-3110

メールアドレス:tamana@tamana-cci.or.jp

 

 

 玉名市飲食店特別支援事業について

(新型コロナウイルス感染症拡大に伴う玉名市独自の緊急経済対策第1弾)

玉名市飲食店特別支援事業

玉名市飲食店特別支援事業チラシ


 

【目的】

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、外出自粛により来店者が減少している飲食物を提供される飲食店に支援金を給付します。

【支援対象者】
  • 市内に店舗を有し、注文に応じ調理した飲食物を提供する形態の事業者
    (飲食店営業許可、喫茶店営業許可をお持ちの事業所)
       ※ただし、移動販売業については除きます。
  • 中小企業・小規模事業者等であるもの
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大により売上げが激減しているもの
  • 令和2年3月1日現在において事業を営んでおり、今後も事業を継続する意思があるもの
【支援金の額】

支援金の額は、10万円とし、1事業者につき1回限りとする。

【申請期間】

令和2年5月1日から令和2年6月30日まで

【支援金の申請】

支援金の給付を受けようとする対象者は、飲食店特別支援金申請書兼請求書(別記様式)に次に掲げる書類を添えて申請してください。

  • 事業所の所在地が確認できる書類
  • 営業許可証の写し
  • 振込先口座の写し
  • 申請者の身分を証明する書類(申請者が個人の事業主である場合に限る。)
  • 事業所の外観の写真(事業所の名称が分かるものに限る。)

飲食店特別支援金申請書兼請求書(PDF 約80KB)

【申請方法】

申請書等の様式は玉名市のホームページから印刷していただくか、商工政策課でお受け取りください。申請は、できるだけ郵送で提出してください。(FAX不可)

窓口での申請も受け付けますが、新型コロナウイルス感染症予防の観点から、密集・密接を防ぐためご理解とご協力をお願いします。

【問合せ・提出先】

〒865-0025

玉名市高瀬290-1 玉名商工会館2階

玉名市商工政策課

電話 0968-71-2065 FAX 0968-73-2220

 

 

 玉名市宿泊施設特別支援事業について

(新型コロナウイルス感染症拡大に伴う玉名市独自の緊急経済対策第1弾)

玉名市宿泊施設特別支援事業

【目的】

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、外出自粛により来館者が減少している宿泊施設に支援金を給付します。

【支援対象者】
  • 市内で宿泊業を営んでいるもの
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大により売上げが激減しているもの
  • 令和2年3月1日現在において事業を営んでおり、今後も事業を継続する意思があるもの

※風営法の営業許可を必要とする宿泊施設を除く

【支援金の額】

支援金の額は、宿泊施設の部屋数及び収容人数に応じた額を加算して支給するものとし、1事業者につき1回限りとする。

表:部屋数及び収容人数に応じた支援金額表

部屋数

支援金

収容人数

支援金

5室以下

100,000円

20人以下

100,000円

6〜10室

200,000円

21〜30人

200,000円

11〜20室

300,000円

31〜50人

300,000円

21〜30室

400,000円

51〜100人

400,000円

31室以上

500,000円 

101人以上

500,000円

 

【申請期間】

令和2年5月1日から令和2年6月30日まで

【支援金の申請】

支援金の給付を受けようとする対象者は、宿泊施設特別支援金申請書兼請求書(別記様式)に次に掲げる書類を添えて申請してください。

  • 事業所の所在地が確認できる書類(登記簿の写し・確定申告書の写し等)
  • 営業許可証の写し
  • 振込先口座の写し (預金通帳等)
  • 申請者の身分を証明する書類(申請者が個人の事業主である場合に限る。)
  • 事業所の外観の写真(事業所の名称が分かるものに限る。)

 宿泊施設特別支援金申請書兼請求書(PDF 約75KB)

【申請方法】

申請書等の様式は玉名市のホームページから印刷していただくか、商工政策課でお受け取りください。申請は、直接、商工政策課に提出してください。(FAX不可)

【問合せ・提出先】

〒865-0025 玉名市高瀬290-1 玉名商工会館2階

玉名市商工政策課

電話:0968-71-2065 FAX:0968-73-2220

 

 

 玉名市事業継続支援事業について

(新型コロナウイルス感染症拡大に伴う玉名市独自の緊急経済対策第2弾)

玉名市事業継続支援事業

玉名市事業継続支援事業チラシ


 

【趣旨】

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、国の持続か給付金の対象業種のうち、売上減少要件が全円同月比30パーセント以上50パーセント未満の市内事業者の事業継続を支援するため、市独自の支援金を給付します。

なお、国の持続化給付金を受けられる方は、本支援金の対象にはなりません。本支援金の受給後、売上減少などにより国の持続化給付金を受けられる場合は、本支援金については返還していただくことになりますのでご注意ください。

【支援金】
  • 法人は最大20万円
  • 個人は最大10万円

※ただし、昨年1年間の売上からの減少分が上限です。

【対象者】
  •  中小・小規模事業者、フリーランス、農林漁業者(法人及び個人事業者など)
【対象要件】
  • 令和2年4月30日以降から事業により事業収入(売上)を得ており、今後も事業継続する意志のある事業者
  • 令和2年1月以降、新型コロナ感染症拡大の影響等により、前年同月比で売上が30パーセント以上50パーセント未満減少した月が存在すること
申請期間
  • 令和2年6月1日(月曜日)から令和3年2月26日(金曜日)まで
【問い合わせ先】

 

 

 

 ふぁーまーず・マーケット“応援の輪”事業について

(新型コロナウイルス感染症拡大に伴う玉名市独自の緊急経済対策第3弾)

ふぁーまーず・マーケット“応援の輪”事業

農産物等直売所における、「売り手」「買い手」「地域」の3つ思いを繋ぐことで、地域の絆を循環させる「ふぁーまーず・マーケット“応援の輪”事業」に取り組みます。

ふぁーまーず・マーケット”応援の輪”事業チラシ


 

クーポン券の内容

対象店舗で1500円(税込)以上購入された方に、次回から利用可能なクーポン券「また来るケン(券)」500円を1枚配布します。

 商品券見本


 

クーポン券の配布期間

令和2年7月1日から配布完了まで。但し、利用期限の1ヶ月前を期限とします。

※合計20,000枚を予定。

 

利用できる期間

令和2年7月1日(水曜日)から令和3年2月28日(日曜日)

 

利用できる店舗

  • 岱明磯の里 住所:玉名市岱明町鍋2320番地56 電話0968-57-2700


  • 農産物直売所郷〇市 住所:玉名市天水町立花1977番地1 電話0968-82-5022


  • ふるさとセンターY・BOX 住所:玉名市横島町横島1716番地 電話0968-84-3700


  • JAたまな農産物直売所 i-きらめき六田店 住所:玉名市六田5番地 電話0968-72-5796


  • JAたまな農産物直売所 i-きらめき築山店 住所:玉名市山田2137番地1 電話0968-72-1533

 

利用上の注意

店頭の商品購入時のみ利用できます。また、一度の買い物に利用できる枚数制限はありません。

クーポン券を利用した際の発行は行いません。

お支払総額がクーポン券金額を下回る場合、お釣りは出ません。

現金への換金、汚損・破損・紛失によるお取替え、再発行は行いません。

 問い合わせ先

玉名市農林水産政策課(0968-75-1126)

 

 地元を楽しもう!宿泊等クーポン券半額キャンペーン

(新型コロナウイルス感染症拡大に伴う玉名市独自の緊急経済対策第3弾)

地元を楽しもう!宿泊等クーポン券半額キャンペーン

本市では、市域内の需要喚起と観光関連事業者支援を目的として、『地元を楽しもう!宿泊等クーポン券半額キャンペーン』を開催します。

7月1日 11時更新

取扱店舗全店にて完売いたしました。

大変ご好評いただき、有難うございました。

完売御礼チラシ

 

概要

市が指定する玉名市内の旅行業者の店舗にて、1枚4,000円のクーポン券を半額の2,000円で購入(玉名市民に限定)し、対象宿泊施設において利用(宿泊、施設利用及び飲食等)できます。ただし、1人が購入できるクーポン券は最大4枚(4,000円×4枚 購入者負担は8,000円)まで。クーポン券の発行枚数は2,000枚(4,000円×2,000枚 総額8,000,000円)です。

実施期間

販売期間 

令和2年7月1日(水)から令和2年8月31日(月)まで。

初日(7月1日)は、午前9時から下記販売場所にて販売を開始します。

※ただし、クーポン券の発行枚数に達した時点で販売を終了します。

利用期間

令和2年7月10日(金)から令和2年9月18日(金)の宿泊・飲食分まで。

クーポン券の販売場所

7月1日については、以下の営業時間に関わらず、『午前9時』から販売開始です。

(7月2日以降については、以下の内容での営業になります。)

販売場所
旅行業者名TEL住所営業時間定休日
岸田観光(有)0968-75-2122玉名市大浜町4139-2

8時〜19時

TELあれば時間外でも対応可能

なし
(有)熊本ツーリスト0968-72-4123玉名市高瀬357-13

●平日9時〜18時

●土曜9時〜12時

日曜、祝日

(株)ワールド観光0968-72-5656玉名市岱明町野口1108-1

●平日9時30分〜18時

●土曜TELあれば対応可能

TELあれば時間外でも対応可能

日曜、祝日
(株)グリーンたまな0968-73-9625玉名市六田5

●平日8時30分〜17時

●土曜8時30分〜12時

土曜午後、日曜
(株)玉名旅行センター0968-72-6666玉名市岩崎1011-7●平日10時〜18時木曜、土曜、日曜、祝日

※玉名旅行センターの住所について、チラシの表記を「玉名市岩崎1011-2」と誤表記しておりました。大変申し訳ございません。

クーポン券の利用方法・注意事項
  1. クーポン券の購入者(玉名市民)は、対象宿泊施設を利用(宿泊、食事など)し、精算の際にクーポン券を提出する。
  2. クーポン券を利用する際の枚数限度は、特に定めないものとする。ただし、釣り銭は支払わないものとする。
  3. クーポン券は換金することはできないこととし、紛失または汚損した場合、再発行はしないものとする。
  4. 公序良俗に反する商品、サービス等には利用できないものとする。
  5. 入浴券や入浴回数券、入浴に関する年間フリーパス券には利用できないものとする。
  6. 利用されたクーポン券の再利用はできないものとする。
問い合わせ先

玉名市ふるさとセールス課(0968-73-2222)

 

 玉名市中小企業者家賃補助事業

(新型コロナウイルス感染症拡大に伴う玉名市独自の緊急経済対策第3弾)

玉名市中小企業者家賃補助事業

玉名市中小企業者家賃補助事業


 



 

 【目的】

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、売り上げが激減している中小企業者の事業の継続を支援するため、家賃の一部を補助します。

【支援対象者】

次の1から4の要件をすべて満たすこと

  1. 市内に主たる事業所を有する中小・小規模事業者
    (法人の場合は、本店所在地が市内に登記されていること)
  2. 市内に事業用の建物を賃借していること
  3. 令和2年1月から5月までのいずれかの月の売上が、前年同月売上高と比較して50%以上減少していること
  4. 今後も玉名市で事業継続の意向があること

【補助金の額】

令和2年1月分から5月分の支払い済み家賃のうち、任意の1カ月分の家賃相当額(その額に千円未満の端数があるときは、切り捨てた額)で、1事業所当たり15万円を上限とします。ただし、住宅等兼用事業所の場合は、7万5千円を上限とします。

注)複数事業所がある中小企業者の上限は、事業所ごとに15万円または7万5千円となります。

【申請期間】

令和2年7月1日(水曜日)から令和2年8月31日(月曜日)まで ※当日消印有効

【申請方法】

 申請ガイド(PDF 約69KB)

以下の1.2.3.の書類を作成いただき、上記申請ガイドの4.から10.の書類を添付して郵送してください。(事前予約による窓口での受付も可)

1.申請書兼請求書(PDF 約69KB)

2.誓約書(PDF 約40KB)

3.チェックシート(PDF 約52KB)

【申請書類の送付先・お問合わせ先】

〒865-0025 玉名市高瀬290-1 玉名商工会館2階

玉名市役所 商工政策課 家賃補助係

電話0968-71-2065


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


前のページに戻る


  • 玉名市安心メール
  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー
  • Youtuberタマにゃん
  • 市民会館新ホールタマにゃん紹介動画

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

ホストタウン(玉名市かけるアンゴラ共和国)

  • 箱根町観光協会公式サイト 箱根全山ページ

包括連携協定

箱根町(観光協会公式サイト)

  • 箱根町観光協会公式サイト 箱根全山ページ

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • スタートアップ宍戸行政書士事務所バナー画像、クリックするとリンクにつながります