前のページに戻る

300個の金メダル・玉名のランナー西原八重子さん

更新日:2017年3月27日

玉名のランナー・西原八重子(にしはらやえこ)さん

 西原八重子さんの写真


玉名市築地在住。昭和13年生まれ。33歳から走り始め、約45年かけマスターズ陸上や渡嘉敷村のマラソンなど多くの市民マラソンで300個の金メダルを獲得。

築山小マラソン大会では閉会式の講評をここ6年務めている。

「とにかく負けたくないんですよ」

300個の金メダルを獲得

「とにかく負けたくないんですよ」と語る西原八重子さん(78歳)。

昨年10月に佐賀市で開かれた「第33回全九州マスターズ陸上競技選手権」、75〜79歳クラスの2部門(400メートル・800メートル)で優勝。この2つの金メダルで、これまで獲得した金メダルが通算300個に達しました。

西原さんは、国内屈指の女性ランナーのひとりです。

金メダルの写真


賞状の写真


トロフィーの写真


ランナーになるきっかけ

33歳の時、子育ての合間に近所を走り「気持ちがよくていい気分転換になりました」そこから競技人生がスタートします。本格的なレースに初めて出たのは45歳の時の玉名市民マラソン。結果は最下位に。

その悔しさをバネに練習を重ね、その後多くの市民マラソンに出場し上位を目指します。

走る西原さんの写真


そして平成元年の全日本マスターズ1500メートル(50〜54歳)では5分29秒98で当時の日本新記録と大会新記録を樹立。そのほか、とかしきマラソン(沖縄県)で10年連続の大会記録を達成するなど、国内外のレースで金メダルを獲得してきました。

なかでも忘れられないレースは、マレーシアの国際大会。「ゴールの200メートル手前で地元の選手に追い抜かれて、2位になり悔しかった」と思い出を語ります。

築山小の児童と一緒に走る西原さん


今後の目標

「最近は、年々体力が衰えているのがわかります。そしてライバルが引退していくので寂しいことも。それでも、マスターズ陸上の次のクラス(80〜84歳)で優勝したいですね」、そう次の目標を掲げる西原さん。

「これからもずっと走り続けたい」と話す笑顔は、力強く、明るく輝きます。

築山小児童の指導をする西原さんの写真


レースを記録したノートの写真

 


1冊のノートに、これまで出場したレース結果を丹念に記録し、次の目標作りに生かしてトレーニングに励んでいる。 


引用元:「300個の金メダル・玉名のランナー西原八重子さん」『広報たまな』平成29年2月号抜粋(PDF 約436KB)

 広報たまな平成29年2月号の画像


※本ページは上記記事を元に加筆・修正して作成しました。人物の年齢・肩書きは平成29年2月1日現在のものです。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

玉名市役所 企画経営部 地域振興課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1421
ファックス番号:0968-75-1166この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ