前のページに戻る

油流出事故に注意しましょう!

更新日:2009年2月13日

近年、河川や海、用水路への油等の流出事故が毎年発生しており、その件数も増えてきています。
 主な発生源は、ビニールハウスの暖房用の燃料タンクや施設・業務用機械等、家庭用てんぷら油の排出などです。
 水質事故は、水質の悪化を招くばかりでなく、元の状態に戻すのに長い時間がかかりますので、海苔養殖や漁業、農業への影響が心配されます。また事故の処理は、原因者自らの責任で行われなければならないので、資機材や人件費など莫大な費用を負担してもらうことになります。

注記:事故が発生した場合の事故処理費用は、環境基本法第37条と水質汚濁防止法第14条の2により、原因者の負担になります。特に、使用する吸着マットや油脂吸着剤の費用、油が浸透した土壌などの処理を専門事業者に依頼する費用など、莫大な経費がかかります。

油等の使用の際は、細心の注意を払い、油流出事故を未然に防ぎましょう!

主な事故の原因

1.給油中のミス
  • 目を放した隙に油があふれた。
  • ドレンバルブを閉めないまま給油した。
2.配管等の破損
  • 作業中に油用配管を傷つけた。
  • 配管が腐食し、穴が開いているのに気づかなかった。
3.不法投棄
  • 不要になった油を川に捨てた

注記:不法投棄は、河川法や廃棄物及び清掃に関する法律により罰せられます。

 

事故を防ぐためには

  1. 配管やタンクの定期点検を怠らない。(老朽化・油臭の有無)
  2. 給油作業時は目を離さない。
  3. バルブの開閉は正しいかを確認する。
  4. 油の量を定期的に確認する。
    油の減り方がいつもより多い場合は、配管からの漏れがないか確認する。
  5. 周囲で保守作業や工事等を行う際、配管等を誤って傷つけないように注意する。
  6. 不要になった油は処理専門事業者等に処理を依頼する。
  7. 防油堤や漏油ピットを設置する。

もし事故が発生した場合には

 ただちに、次の機関に連絡してください。また、自分で行える措置(油流出箇所の補修、土のうなどによる油拡散の防止等)を行ってください。

市役所環境整備課

電話番号:0968-75-1118

有明消防本部

電話番号:0968-73-5271

玉名地域振興局有明保健所

電話番号:0968-72-2184 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

玉名市役所 市民生活部 環境整備課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1118
ファックス番号:0968-72-2052この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  

カテゴリ内 他の記事


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ