前のページに戻る

祝パリオリンピック出場 赤崎暁選手激励会

更新日:2023年11月21日

11月6日、株式会社九電工に所属する赤崎暁(あかさき あきら)選手のパリ五輪マラソン出場決定に伴う激励会を開催しました。

赤崎選手は、10月15日に行われた「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)において、見事2位入賞(2時間9分6秒)を果たされ、来年開催のパリ五輪男子マラソン日本代表に内定されました。

熊本県関係者では、金栗四三翁以来のマラソン代表で、100年ぶり2人目の快挙。

100年前に金栗さんが果たせなかった目標に果敢に挑戦してもらうため、今回、その健闘を祝し、金栗トロフィーを贈呈しました。

赤崎選手へ村上副市長より金栗トロフィー贈呈の様子の写真

(赤崎選手へ村上副市長より金栗トロフィー贈呈)

 

激励会での集合写真

(右から、株式会社九電工 陸上競技部男子部監督 高井和治(たかいかずはる)氏、小森コーポレーション顧問岡田正裕(おかだまさひろ)氏、赤崎暁選手)

高井氏の「高」の字は『はしごだか』です。

赤崎選手の「崎」の字は『たつさき』です

 

赤崎選手は、「今回はこのような場を設けていただきありがとうございます。このような結果を出せたのも、自分の力だけではなく、多くの方々に支えていただいたおかげで、夢であった日本代表になることができました。これからオリンピックまで約8ヶ月ありますが、今すぐにでも準備を始める気持ちで、夢に向かって、1日1日を大切にしていきたいと思います。」と意気込みを述べられました。

副市長は、「金栗さんが果たすことのできなかったオリンピックでのメダルを目指し、今までの成果を十分に発揮していただくよう頑張ってください。」と激励しました。

監督、顧問、赤崎選手、金栗さん記念碑前での写真

(金栗翁の記念碑前にて)

激励会後は、金栗翁の墓前にオリンピック出場を報告されました。

「金栗さんができなかった入賞とメダル獲得を目指します。」と決意表明されました。

赤崎暁選手  経歴

熊本県菊池郡大津町出身。開新高校入学後に本格的に陸上を始め、熊本出身の岡田正裕氏に誘われ拓殖大学に入学し陸上競技部に所属した。箱根駅伝には1年時から4年連続出場。卒業後は株式会社九電工に所属し、社会人2年目からマラソンに挑戦する。2022年12月の福岡国際マラソンでは2時間9分1秒の自己新をマークし8位入賞(日本人2位)、MGCへの挑戦権を獲得した。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

玉名市役所 産業経済部 観光物産課
住所:〒865-0025 熊本県玉名市高瀬290-1 玉名商工会館2階
電話番号:0968-73-2222
ファックス番号:0968-73-2220この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市安心メール
  • 玉名マップ
  • 玉名市公式チャンネル 動画発信中キラリかがやけたまな
  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー
  • 市民会館新ホールタマにゃん紹介動画
  • たまな圏域電子図書館ページへのバナー画像
  • 消費生活緊急情報
  • あらたま就活ナビサイト

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

Challenge for SDGs

  • 食支援プロジェクト「みんなのれいぞうことフードバンク玉名」

タマてバコ(市公式観光案内サイト)

  • 玉名市の観光情報 タマてバコ

包括連携協定

箱根町(観光協会公式サイト)

  • 箱根町観光協会公式サイト 箱根全山ページ

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • 玉名市公式LINE紹介ページヘのリンク
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • くまもと県北病院
  • 玉名市インターネット公売
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • 医療法人ともしび会バナー画像(外部リンク)、オーダーメイド 痩身クリニック