前のページに戻る

玉名温泉

更新日:2011年9月5日

足湯ライトアップの画像玉名温泉には現在11の旅館があり、5つの日帰り温泉施設があります。温泉街の中心にある「立願寺しらさぎの足湯」では、無料で足湯が楽しめます。また、夜にはライトアップされ、幻想的な雰囲気になります。


玉名温泉の詳しい情報

 

疋野長者伝説

千年も昔、都にある貴い姫君がいらっしゃいました。満月の夜、姫は観音様から「肥後の国玉杵名の疋野の里にいる炭焼き小五郎を夫にするように」とお告げを受けました。そこで姫は幾山河を越えて、小五郎の家を訪ね一夜の宿を求めます。しかし小五郎は貧しい身の上。「米の貯えすらない」と断るしかありません。すると姫はお金を渡して米を買いにいかせます。しぶしぶ出かけると、途中白鷺が戯れている小さな沼に差しかかりました。お金の意味を知らない小五郎はこれを見て、姫にもらったお金を投げつけ、白鷺の足に傷を負わせてしまいます。
怪我をした白鷺は湯煙がのぼる田んぼに降り、しばらくすると元気に飛び去りました。不思議に思った小五郎がこの田んぼを探ると、地の底から熱いいで湯が湧き出ているではありませんか。
驚いて米も買わずに戻ってきた小五郎を姫が責め立てると、小五郎は「あれに似たものなら山にたくさんある」と答えます。姫は「これは大切なお金というもの。これをたくさん造りだすと長者になれるのです。」と教え、観音様のお告げどおり夫婦になりました。やがて二人は疋野の里で製鉄の業を興し富を得て、疋野長者になったと伝えられています。
長者が金を造った跡は小岱山麓の上代製鉄跡、長者伝説の地は現在の疋野神社の北側とされています。


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

玉名市役所 産業経済部 ふるさとセールス課
住所:〒865-0025 熊本県玉名市高瀬290-1 玉名商工会館2階
電話番号:0968-73-2222
ファックス番号:0968-73-2220この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  

カテゴリ内 他の記事


  • 玉名市フォトギャラリー

  • 玉名で暮らしたい
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • 九州新幹線800系
  • JR九州 新玉名駅時刻表

便利なサイト集

  • 玉名市の市勢要覧
  • 第66回金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 玉名市横島町いちごマラソン公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな市民活動支援サイト「たまりん」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所