前のページに戻る

私の玉名「イチオシ!景観」

更新日:2021年12月1日

私の玉名「イチオシ!景観」

「知ろう!かたろう!玉名らしい景観づくり交流会」に併せ、市民の皆さんから募集した玉名の「イチオシ!」の景観をご紹介します。

私の玉名「イチオシ!景観」とは
  • 「これぞ玉名だ!」という玉名らしい景観
  • 私だけが知っている魅力的な場所
  • ここだけは守りたい!伝えたい!玉名の魅力
  • 祭、伝統行事などその時しか見られない景観 等々… 
まだまだ募集します!私の玉名「イチオシ!景観」

私の玉名「イチオシ!景観」は、継続して募集します。奮ってご応募ください。

下記QRコードからも応募できます。

 私の玉名イチオシ!景観募集のチラシ画像。画像の詳細はPDFリンクを参照ください。 イチオシ景観募集QRコード画像

チラシは右記から   私の玉名イチオシ!景観募集チラシ(PDF 約1MB)

※注意:4MBまでの写真は応募できますが、画像の解析度が落ちる場合があります。その際は、都市整備課よりご連絡いたします。

 

私の玉名「イチオシ!景観」

市民の皆さんから応募があった「イチオシ!景観」をご紹介します。

PDFは右記から⇒2021年度イチオシ!景観一覧(PDF 約4MB)

表:2021年度 私の玉名「イチオシ!景観」※「撮影場所」の文字をクリックする地図が開きます

番号

イチオシ!景観 イチオシポイント (応募者コメント)

撮影場所等

1  
1 金栗四三像の写真
玉名市に縁があり、日本で初めてのオリンピック選手。また、テレビのモデルになり、玉名の知名度が上がった。 九州新幹線・新玉名駅(GoogleMapリンク)
2  2 実山公園からの眺望の写真

天水の実山(げんやま)公園からの眺めです。雲仙を借景にして、有明海と干拓が見渡せます。 雲仙の稜線は美しいですが、雲仙の人はこの景色は見られません。対岸に住む私たち玉名市民の特権だと思います。

天水の実山公園展望台(GoogleMapリンク)
3 3 河川敷の野アザミの写真

菊池川を渡るJR鉄橋下流の鶴の河原の土手には、春、野アザミが咲き乱れています。 春の風に揺れる野アザミを愛でながら、川沿いをのんびり散歩するのは気持ちいいです。 他にも、つくしやストロベリーキャンドル等、春の河川敷はにぎやかです。鶴の河原河川緑地(GoogleMapリンク)
4 4 大倉河川緑地のコスモスの写真
古くから川港のまちとして玉名の中心地だった高瀬の町。江戸時代にはこのあたりから渡し船で高瀬の町へと向かった。西南戦争では薩摩軍と政府軍が菊池川を挟んでにらみ合った場所。今は美しく整備された河川敷に咲くコスモスと、夕日に輝く菊池川の水面、木立ちがステキな癒しのスポット。

大倉河川緑地(高瀬大橋上流側)のパークゴルフ場(GoogleMapリンク)

5 5 星屑の中の玉名展望館の写真
玉名の夏の星空、玉名天望館と天の川。 玉名市内を見渡す高台に立つ玉名天望館は、SFチックな外観と展望の良さで昼も夜も人気のスポット。 くまもとアートポリス事業の建造物一つ。 玉名天望館(玉名市大倉高田1144)(GoogleMapリンク)
6 6 眼下に広がる玉名干拓の写真
雲仙、有明海、玉名の干拓地。 菊池川河口周辺の広大な農地は、400年かけた先人たちの干拓事業で得られた土地。明治時代に築造された総延長5.2kmにも及ぶ潮受堤防は、明治、大正、昭和の長きにわたり改造・補修を繰り返しながら有明海の波濤から農地を守る「海の万里の長城」として機能しつづけた。旧玉名干拓施設(GoogleMapリンク)(玉名市横島町横島〜大浜町)
7 7 菊池川に架かる高瀬大橋の写真
夕暮れの菊池川に反射する夏空と、高瀬大橋、高瀬のまち。 有明海の満潮時、河口から入ってきた上げ潮と川の流れが拮抗し、湖のごとく水面が停止する瞬間がある。 高瀬は、中世から栄えた川港のまち。上げ潮に乗って他地域からの舟が様々な物・人・文化を積んでやってきた。 菊池川流域の中でも、河口に近い玉名だからこそ見られる風景。大倉河川緑地(GoogleMapリンク)(高瀬大橋の上流側)
8 8 菊池川に架かる鉄橋の写真

菊池川にかかる鉄橋(高瀬川橋梁)下には、史跡「高瀬船着場跡」(俵ころがし)がある。江戸時代、菊池川流域の年貢米の集積地として栄えた高瀬に整備された藩営の船着場だった場所。  西南戦争の戦火で米蔵は焼失。鉄道開通により、水運の拠点としての役割も終えた。 高瀬船着場跡(俵ころがし)は、玉名の歴史を語るうえで欠かせない、玉名を代表する史跡。

高瀬船着場跡(GoogleMapリンク)

9 9 菊池川の水運の写真
古代から菊池川と共に発展した玉名。鉄道開通以前は、菊池川を渡るための渡し船や上流・下流から物資を運ぶ大小の舟が菊池川を行き交った。  菊池川の「菊池川水運」は平成8年、文化的・歴史的に重要な由緒を有する道として文化庁の「歴史の道百選」に選ばれた。河川交通としては全国唯一だった。

鶴の河原河川緑地(玉名市永徳寺)(GoogleMapリンク)

10 10 夕焼けのハゼ並木の写真

菊池川流域日本遺産の「菊池川」と国登録記念物「菊池川堤防のハゼ並木」に夕日の共演、友情出演は雲仙。菊池川右岸、小島橋際からの景観(GoogleMapリンク)
11 11 高瀬藩の武家屋敷の写真
短命だった高瀬藩だが、現在の玉名市にも大きな遺産を残している。今も岩崎には当時の町割がそのまま残る。武家屋敷街の真っ直ぐな生垣の道。

玉名市岩崎、現在玉名町小学校と玉名女子高校になっている高瀬藩邸とその周辺の武家屋敷街。

1212 滑石の絶景の写真小さいころから見ている景色も絶景に変わる瞬間があるんだと改めて実感した1枚でした。玉名市滑石の味千ラーメン近く(GoogleMapリンク)
13 13 瀬戸口公園の写真
熊本県「平成の名水百選」の湧水公園で、マラソン王:金栗四三さんもよく涼に来られた、心安まる場所金栗瀬戸口公園(GoogleMapリンク)
1414 瀬戸口公園遊歩道の写真
竹林の中を散策できる市内唯一の遊歩道金栗瀬戸口公園遊歩道(GoogleMapリンク)
15 15 金栗瀬戸口公園小川の写真

自然のままの昔ながらのせせらぎ 幼い子供も安心して水遊びできる小川

金栗瀬戸口公園小川(GoogleMapリンク)

1616 観音岳頂上の写真
16 碑の写真
見た目、ながめただけの景観では、一過性になりやすい面があると思います。文化面もあるもの、体験もできるものがよろしいと思う。観音岳頂上付近には、鎌倉時代、俊芿律師が建立し、学んだ正法寺があった…。俊芿律師は天皇家の菩提寺、京都泉涌寺を再興開山した高僧。小岱山は天皇家と結べる山です。小岱山の名は、俊芿律師に由来します。 小岱山観音岳頂まで(GoogleMapリンク)
及び周辺の景観・物語
17 17 トンネルの上からの絶景の写真

「トンネルの上から絶景新幹線」

大坊トンネルの上からの眺め。

新幹線の線路を中心に絶景が広がっています。

大坊トンネル上(GoogleMapリンク)

18 18 新幹線トンネル結んでフットパスの写真

「新幹線 トンネル結んでフットパス」木々のトンネルの間から、トンネルとトンネルを結ぶように、新幹線が走る姿を見ることができます。

石貫:上の原浄水場付近(GoogleMapリンク)
19 

19 天水からの眺望の写真
19 天水からの町並みの眺望の写真


玉名、雲仙、有明海が一望できます。玉名市天水町小天194-1(GoogleMapリンク)
20
 20 木葉山松ケ平展望所の写真


玉名市には、余りない絶景が見られる。玉名市の観光案内に。成人式、卒業式の記念行事に、海外や県外からのお客様に、里帰りの人に、感動を与えられる。木葉山 松ケ平展望所(GoogleMapリンク)

 

 

表:平成29年度 私の玉名「イチオシ!景観」

番号

イチオシ!景観 イチオシポイント (応募者コメント) 撮影場所・内容
 11 横島の石塘の写真 裏通りに残っている「石塘(いしども)」。横島山と天水の久島山をつなぐために、加藤清正が人柱を立てて出来上がった。表通りはきれいに整備されてしまったが、裏通りには昔からの石積みが残っている。石塘史跡公園付近(横島町横島)
 22 月瀬源九郎公園の写真

月瀬校区まちづくり委員会で整備した源九郎公園(げんくろうこうえん)には、

「人の子になんのかんのというけれど

  わが子の罪に 現苦労する 叶 源九郎」

と書かれた碑があります。

源九郎公園(月瀬) 
 33 晒神社合成の写真 晒(さらし)神社の社殿の彫刻が素晴らしい。江戸後期から明治に活躍した彫刻師達の意気込みが感じられる。また、狛犬は子供と一緒のものである。彫刻で励まされ、狛犬でこころ穏やかになる。 晒神社(滑石)
 44 繁根木かかる木製橋の写真 玉名に住んでいたころ、ペットと一緒に繁根木川にかかるこの木製の橋まで散歩に行き、腰かけて夕日を眺め、ビールを片手に癒されていた愛すべき景観です。

繁根木川の木製橋 (繁根木)

 55 梅林天満宮の流鏑馬の写真 熊本県下で流鏑馬の奉納を行っている神社は複数ありますが、農村の中で精進小屋入りから節頭くじまでの一連の神事を現在まで継承しているのは梅林天満宮だけであり、たいへん貴重なものです。梅林天満宮(津留) 
 66 マナヅルがいる風景の写真 横島町干拓周辺には、毎年11月から2月にかけて、たくさんのマナヅルが越冬のためにやってきます。餌付けなどの人の手が加わっていない野生のままのマナヅル渡来数としては日本一です。有明海東岸の菊池川河口を干拓して出来上がったこの地域には、珍しい野鳥やムツゴロウなど多種多様な生き物を育む「素晴らしい自然」があります。横島干拓周辺
 77 干拓地の眺望の写真 天水町八久保(はちくぼ)地区から横島の干拓を一望した景観です。広大な干拓地には、田園やビニールハウスなどの農地が広がり、玉名を象徴する景観です。夜はビニールハウスに灯る電灯が並び、違う表情を見せてくれます。天水町小天(八久保) 
 88 花火 大人の観覧席の写真

 玉名納涼花火大会の時に、俵ころがし付近に設けられた「大人の観覧席」。

大輪の花火が打ち上がる度に高瀬大橋やJRの鉄橋がシルエットで浮かび上がります。

にぎやかで混雑しているメイン観覧席から少し離れ、ゆっくりと静かに花火を楽しむことのできる穴場スポットです。

菊池川 俵ころがし付近 

(永徳寺)

 99 展望所の春の写真 玉名平野を一望できる桃田運動公園の「玉名展望館」は、それ自体がとても斬新なデザインをしています。春真っ盛り。咲き乱れる桜と展望館のコラボレーションです。

桃田運動公園 

(桃田)

 10 10 花の館からの絶景の写真
 海と山と広大な土地と一緒に見られる夕日は、とても贅沢だと思います。玉名に来たら、ぜひ見て欲しい景色です。花の館(天水町小天) 
 1111 花しょうぶまつりの矢旗の写真 きれいな青空を背景に高瀬裏川に美しく咲く花しょうぶと“高瀬裏川花しょうぶまつり”の期間しか見ることのできない大きい迫力のある矢旗(やばた)を、ぜひお楽しみいただきたいと思います。

高瀬裏川水際緑地 

(高瀬)

 1212 立願寺公園の竹あかりの写真

 玉名市にもこんなきれいな所があると知って、写真を撮りました。

玉名市に来て、一番衝撃を受けた場所です。

立願寺公園 

(立願寺)

 1313 ペタンク大会の写真 高道上区天満宮で開催されたペタンク大会です。地区の方々が集まり、ペタンクで交流を深めています。この後、境内に生えている竹を使って本格的な流しそーめんを参加者全員で楽しみました。高道上区天満宮(岱明町高道) 
 1414 奥の院大祭の写真 活気ある祭に花をそえる門前市に惹かれました。

蓮華院誕生寺奥之院 

(築地)

 1515 ARCHの写真

 その場所の名は「ARCH(アーチ)」。

玉名をもっと面白くしたいと思う人々が、集い、つながる場所。

昼も夜もこの場所を通るたびに「あれ?何やってんのかな?」「おもしろそうなことやってんな」「ちょっとのぞいてみようかな?」と、ちょっとワクワク ドキドキする新しい「玉名の景観」です。

ARCH

(高瀬) 

 1616 山田の藤の写真 山田の藤は、毎年のように見に行きます。今年一月に生まれた孫と3人の写真が撮れたので、もっと好きな場所になりました。

山田日吉神社

(山田) 

 1717 降り注ぐ花火の写真 玉名の花火大会は、毎年家族で見に行きます。玉名の花火は、とてもきれいで見ごたえがあるので、玉名の誇りの一つと思います。玉名納涼花火大会(菊池川河川敷) 
 1818 鍋松原海水浴場の写真 熊本県北唯一の海水浴場。白く輝く砂浜と遊歩道わきの青松、青く広がる海と空が魅力です。鍋松原海水浴場(岱明町鍋) 
 19 19 疋野神社の写真 6月はじめに撮った写真で、まだ青いもみじと立派で風情ある鳥居がとても合っているようで惹かれました。疋野神社(立願寺) 
 2020 大倉の坂の夕日の写真
 国道の坂を下ると真正面に赤く染まった太陽が待ち構えて、夕日に向かって飛び込んでいく感覚になります。季節によって見える時間帯が違いますが、日が沈むまでのほんの数十分のタイミングでこの坂を下るのが楽しみです。国道208号(大倉) 
 2121 唐人川の干潟とムツゴロウの写真
 江戸時代からの干拓事業によって出来た唐人川は、干潮時には川の両側に干潟が現れ、たくさんのムツゴロウを見ることができます。唐人川(横島町横島) 
 2222 蛇ヶ谷公園の写真
 蛇ヶ谷(じゃがたに)公園内にある斜面に沿った散策路を歩いていると、頂上展望所では金峰山と有明海の雄大な眺望が私たちを出迎えてくれます。疲れを吹き飛ばしてくれるので栄養剤は必要ありません。

蛇ヶ谷公園 

(立願寺)

 2323 北稜高校の大蘇鉄の写真

 正門をくぐると、シンボルツリーがお出迎えをします。

昭和9年、今から83年前に旧高瀬高等女学校がこの地に移転した際に記念樹として大浜から移植されました。蘇鉄を寄せ植えにしてあり、珍しい雄雌合体株になっています。玉名市百選にも認定された樹齢200年の剪定管理は、私たち造園科伝統の実学として受け継がれています。

北稜高校

(立願寺) 

 2424 金栗四三氏住家の写真
 玉名市名誉市民であり2019年大河ドラマの主人公の一人に選ばれた金栗四三(かなくり しぞう)氏の住家周辺の写真です。マラソン選手として日本初のオリンピック出場を果たした日本のマラソンの父が、人生の大半を過ごした小田地域の風景のひとつです。

玉名市小田 

 2525 横島漁港の写真
 昔はきれいとは言えない港だったが、ここ5〜6年の間にきれいになった。整然と並んだ漁船は美しい。横島漁港(横島町横島共栄) 
 26 26 白石堰の写真
 月瀬校区と和水町を両岸に持つ白石堰(しらいしぜき)は、かんがい用水としてだけでなく、工業用水としても、広く大牟田や荒尾にまで送水している。

白石堰(月瀬)

 

 2727 山部田神社の写真 山部田(やまべた)神社の社殿の彫刻が素晴らしい。社殿の両側側壁にある力者様の像は他の神社では見られない。(私は他に知らない)また、楼門の石造りの仁王様は愛らしい。山部田神社(小田) 
 2828 奥之院の紅葉の写真 蓮華院誕生寺奥之院では、11月下旬から12月上旬にかけて、みごとな紅葉の並木道が見られます。蓮華院誕生寺奥之院(築地) 
 2929 しずむ夕陽の写真 有明海に沈む夕陽。有明海を隔てて雲仙岳をシルエットに映し出すこの夕陽にとても癒されます。天水町小天(八久保) 
 3030 早朝の花しょうぶの写真 早朝、まだ人気のない高瀬裏川に咲き乱れる花しょうぶ。朝陽に照らされたしょうぶの花は凛としていて美しい。

高瀬裏川水際緑地 

(高瀬)

 3131 花の館からの絶景(雲仙)の写真
 山と海と広大な土地と一緒に見られる夕日はとても贅沢だと思います。玉名に来たら、ぜひ見て欲しい景色です。

花の館から(天水町小天) 

 3232 運動会の写真

 高道小学校の運動会の様子です。

少子化で学校の統合が行われていますが、いつまでも小学校は地域の中心であり、子供たちを中心に家族、親せきなどが気軽に寄り合うことのできる空間です。

高道小学校(岱明町高道) 
 3333 高瀬裏川水際緑地の写真
 江戸時代から残る石垣が市花である花しょうぶに彩られ、見る人に懐かしさと癒しを与えてくれる場所です。

高瀬裏川水際緑地 

(高瀬)

 3434 山田の藤のアーチの写真
 山田の藤は、毎年のように見に行きます。生まれたばかりの孫と3人の写真が撮れたので、もっと好きな場所になりました。

山田日吉神社

(山田) 

 3535 花火大会(仲間と)の写真
玉名の花火大会は、毎年家族で見に行きます。玉名の花火は、とてもきれいで見ごたえがあるので玉名の誇りのひとつだと思います。菊池川河川敷 
 3636 花しょうぶの写真
 明るい時間もいいですが、夜になると辺り一帯ライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれます。

高瀬裏川水際緑地 

(高瀬)

 3737 石橋の写真
 江戸時代から残る趣きのある石橋にとても魅力を感じた。昔にタイムスリップしたような気持にもなり、ワクワクさせてくれる。

高瀬裏川水際緑地 

(高瀬)

 38 38 石貫安世寺の写真
 日本国内で最初に国指定となった「石貫穴観音横穴」からの眺望。安世寺(あんせいじ)地区の集落の方たちが丁寧に庭先や田畑を手入れし、誠実に暮らしてこられた様子が感じられる。玉名市を代表する農村景観のひとつだと思う。安世寺地区(石貫4区 )
 3939 干拓のマナヅルの写真
 横島町共栄の農林水産省熊本牧場の干拓地にシベリアから越冬のため飛来してくるマナヅルです。鹿児島 出水のツルのように多数のツルが来れば、観光名所になるんだが!?横島町横島(共栄) 
 4040 一斉放水の写真

 毎年1月に実施される「消防出初式」

最後に行われる39分団の積載車から一斉に放たれる「一斉放水」の様は圧巻です。

玉名の新年の風物詩です。

菊地川河川敷(グリーンベルト) 
 4141 有明海に浮かぶ夕日の写真
 友人と出かけた時に有明海に浮かぶ夕日がきれいだと思い、写真を撮りました。天水町部田見 
 4242 岱明町夏祭りの写真
 岱明町夏祭りは、以前は行政主体の祭でした。合併後、商工会の主催となり、様々な検討がなされました。写真の市民総踊りは、合併前から岱明ならではの祭の風景。様々な団体が参加することで、地域を支える方々の顔が見えます。

岱明町グラウンド 

(岱明町中土)

 4343 奥之院の春祭りの写真
 この世に生を受けた赤ちゃんの誕生を家族、そして来場者全員で祝い、健康を祈願する春の催しが温かく、そして優しい気持ちにしてくれます。

蓮華院誕生寺本院 

(築地)

 4444 菊池川の河川敷の写真
 菊池川の河川敷は、娘たちが家族でよく遊びに行っています。緑がとてもきれいで、JRの線路があるこの場所は特に好きな場所です。菊地川河川敷 
 45 45 花火大会 ふたりでの写真
 玉名の花火大会は、毎年家族に見に行きます。玉名の花火は、とてもきれいで見ごたえがあるので、玉名の誇りのひとつと思います。菊地川河川敷 
 4646 山田の藤の写真
 春になると辺り一帯、藤のかぐわしい香りが漂って癒されます。山田日吉神社内山田の藤(山田) 
 4747 石貫安世寺地区の写真

 実りの秋を迎えた田園のかけ干しの稲の向こうに、国指定史跡石貫穴観音横穴と、この史跡を大切に守り続けてきた人たちの家々が見えます。

単に目に見える景色だけでなく、この地域に暮らしてきた人々の長い歴史に育まれてきた生活文化を感じることができる風景だと思います。

石貫安世寺地区 

(石貫4区)


 

 

表:平成28年度 私の玉名「イチオシ!景観」
番号イチオシ!景観イチオシポイント撮影場所
101 疋野神社の写真
静かな御神域のきれいな紅葉と桜・梅玉名市立願寺 疋野神社(GoogleMapリンク)
202 御用橋の写真
御用橋。御茶屋と米蔵につながる。繁根木と八日街をむすぶ。その橋の名を知る人は少ない。繁根木川に架かるJR鉄橋そば(GoogleMapリンク)
303 英彦山の写真
英彦山より眼下を望む。溝上区
404 伊倉両八幡宮秋季大祭の写真
伊倉両八幡宮秋季大祭のハイライト。人馬一体の節頭馬奉納行事。10月15日頃または直前の日曜日。伊倉南北八幡宮
505 日嶽(小学生)の写真
小岱山自然公園・日嶽城跡の頂上から見た有明海の風景がすばらしい。遊歩道が整備され楽しく登山ができる。岱明町開田(日嶽と小学生)
606 干潟からの眺望の写真
真冬早朝の干潟の眺望景観です。朝焼けを背景に金峰山が見えます。有明海の沖にはたくさんの海苔ひびと、さらにその奥にはぼんやりとした宇土半島が確認できます。この眺望を見たことがあるのは、寒さを我慢できる漁師か釣師くらいでしょう。菊池川河口干潟
707 小岱山からの玉名市街の写真
玉名の市街地から三角州を蛇行する菊池川、河口、有明海。さらに金峰山、宇土半島まで眺望でき、玉名市の拡がり、地勢や他地域との距離感を実体験できる場所。東側の長崎方面、西側の山鹿、阿蘇方面まで眺望できるのもポイント。小岱山 丸山展望所から
808 開田ホタルの写真
ホタル乱舞風景岱明町開田 開田川
909 永徳寺の木製の橋の写真
永徳寺にある木製の橋。脚はコンクリになっているが。わかっていても渡るのにドキドキしてしまう。玉名市繁根木 砂天神踏切南側から繁根木川を渡る橋
1010 金毘羅さんの写真
金毘羅さんより眼下を望む。箱谷区
1111 伊倉の宮を祭る神社の写真
南北朝時代の1377年、南関白木原の戦で北朝方の今川軍に敗れ戦死した伊倉の宮(後醍醐天皇の孫)を祀る神社。後方は、野辺田山と三ノ岳。地元の人もあまり知らない聖地。伊倉宮原村
12
12 日嶽(こいのぼり)の写真
小岱山自然公園・日嶽城跡の頂上から見た有明海の風景がすばらしい。遊歩道が整備され楽しく登山ができる。岱明町開田(日嶽と鯉のぼり)
13

13 大銀杏(遠景)の写真


13 大銀杏(金景)の写真


 

中世、伊倉が海外貿易港あった時代に、この樹齢800年を超えると言われる大銀杏を目印にして外国の貿易船が伊倉の川港を目指し、その舟を繋いだという言い伝えがある。当時は海だった場所から眺めると、現在でも銀杏は町並みや木立から抜きん出てそびえ立ち、ランドマークとして機能している。伊倉の唐人舟繋ぎの銀杏。北牟田のJA玉名中央集荷センター東側から
1414 堤防の木の写真
菊池川の堤防道路脇にひっそりとたたずんでいる樹です。枝ぶりが気に入っていて、背後に菊池川と高瀬大橋が見えます。この写真は宵の口に、月が良い具合にコラボした瞬間ですが、晴れた日や冬、霧がかかった時にも幻想的な風景になります。玉名市高瀬 ボーイスカウトログハウス付近の菊池川堤防
1515 高瀬鉄橋の写真
高瀬鉄橋。これを車内から見ると「玉名に帰ってきた―」と感じる。橋脚ともに古く、独断的 産業遺産認定!玉名市永徳寺 菊池川に架かるJR鉄橋
16

 

16 白石堰の写真

 


 

 

 

白石堰(源九郎公園)の横に存する。月田区
1717 小島橋から菊池川普段はゆったりと流れる菊池川も有明海の潮汐作用の影響であたかも湖のように流れが止まったように見え、水面が鏡のごとく静止することがある。干満の差が激しい有明海に注ぐ菊池川ならではの景観。小島橋から上流
1818 俵ころがしの写真
川湊(かわみなと)高瀬の名残。「俵ころがし」玉名市永徳寺 JR鉄橋下
1919 干拓の野鳥の写真
玉名平野には、豊かな人の営みに育まれて、命を受け継ぐ様々な生き物が観られます。マナヅル、クロツラヘラサギ、猛禽類などの冬鳥。田んぼで子育てするケリやタマシギ。干潟や水路で育つムツゴロウやバラタナゴなど他では見られない希少な生き物がたくさんいます。菊池川河口域から唐人川にかけての新旧干拓地と河口の干潟一帯
2020 新玉名駅の菜の花の写真
「森の中の駅」をテーマに自然に包まれた駅として生まれた新玉名駅。背後の里山や小岱山とともに、訪れる人たちを迎える美しい景観作りのため、地元の人たちによって植えれた菜の花が視界いっぱいに広がる。新玉名駅南東
2121 文教の地の榎の写真
文教の地の榎。高瀬高等女学校〜玉名中学校へ。当時、玉中に通っていた人は「校庭が狭かったなー」「ここで野球したよ」と言う。近所に飴やがあった。玉名市岩崎 玉名地域振興局南側
2222 小岱山(夕)の写真
玉名町小校区の範囲から小岱山を見ると蓮華院誕生寺奥之院の五重塔が山ぎわに目立つ。小岱山の稜線の形は特徴的な者ではないが、五重塔のシルエットが加わることで、玉名らしい風景を形成している。市外から玉名市への帰路、高瀬大橋を渡る時に目に入る小岱山と五重塔のシルエットが「玉名に帰ってきた」と思わせる一番のもの。亀甲(ゆめタウン玉名付近)から
2323 青木磨崖梵字群の写真
青木阿蘇神社の磨崖梵字群。青木区
2424 田中町の天満宮の写真
細い道の先にある、田中町の天満宮(高瀬天満宮)。ひっそりとしていて、高瀬七天神のうちで最も好きな場所。地区の方がきれいに掃除しているのがわかる。「愛されているのねー」とほほえましい。玉名市高瀬 原田洋品店裏
2525 棚田の写真
平野部では、圃場整備が進み大規模区画の水田を目にすることが多いが、玉名市内でも南関町との境に近い三ツ川には昔ながらの小区画の棚田が今でも人力で営まれている。狭い土地でも工夫して米作りを続けていた先人の努力が感じられる場所。三ツ川 石尾集落の棚田
2626 伊倉十三ごうの写真
伊倉の地形、地質、水資源を象徴する平井戸、伊倉十三ごうのひとつ桜井ごう、飲用可。平成22年 肥後の名水百選に選出される。唐人町
2727 大覚寺につながる路地の写真
大覚寺につながる。現在は、都一アパートになっている。細い路地の先には何があるのか。どこにつながるのか、怖いもの見たさで、ついつい入って行ってしまう。高瀬の小路は、魔力を放つ。玉名市高瀬 都一アパートから大覚寺につながる小路
2828 水田の写真
玉名平野の田んぼ。この場所は日本に水田稲作が伝わった弥生時代から2千年以上にわたって連綿と米作りが行われてきた場所。玉名で最も早く米作りが開始された場所であり、熊本県内の最古の水田跡が発掘調査により確認された。新玉名駅前広場南側の水田
2929 繁根木川(桜)の写真
繁根木川沿いの小路の桜並木。車を気にせずゆっくり歩ける。春先はとても気持ちいい。玉名市繁根木 明教寺から錦橋へ抜ける繁根木川沿いの道
3030 元高瀬火力発電所の写真
 
元高瀬火力発電所の建物。大正13年竣工。 独断的 産業遺産認定!内装も一部残っているらしい…ぜひ見てみたい。JR玉名駅裏 九州プラスチック工業
3131 鳥居の写真
1000年の歴史を跨ぐ玉名温泉は、近代以降保養地として栄えた。多くの温泉旅館やそこで働く人々により商売繁盛の神様として信仰を集めてきた稲荷神社は、京都伏見稲荷のごとく赤い鳥居が無数に連なる風景は、温泉街で生きる人たちの信仰を伝えてくれる。立願寺温泉稲荷神社(富尾)
3232 日嶽(梅)の写真
小岱山自然公園・日嶽城跡の頂上から見た有明海の風景がすばらしい。遊歩道が整備され楽しく登山ができる。岱明町開田(日嶽と梅)
3333 高瀬本町通りから魚町通りの写真
高瀬の本通りから魚町通りへ抜ける小路。なんだかワクワクしてしまう。玉名市高瀬 麻雀遊からスナックモナリザへ抜ける路地
3434 山部田熊座神社の参道の写真
小田小校区は中世以来の昔ながらの農村集落の拡がりがいまも色濃く感じられる地域。各所に路傍の地蔵や板碑がひっそりとたたずんでいる。江戸時代に山部田熊野座神社の参道に建てられた六地蔵は、里山と菊池川の間に広がる水田の中を通る道端で道行く人の安全を今も守っている。山部田
3535 茅の輪ヴィスタの写真
夏の風物詩でもある大祓祭翌朝の境内の様子です。中央に残された茅の輪がアイストップになっており、自由にくぐることもできます。御幕が受け入れの表現になっており、手前に置かれたベンチがさりげない心遣いを感じさせます。毎朝の通勤時についつい境内を通り抜けてしまいます。繁根木八幡宮
3636 大覚寺の黒レンガの写真
高瀬 大覚寺の黒レンガ(石炭ガラを利用したレンガ)塀。昭和の香りが残る。向かって左に曲がると、今は空地や道路が通るが錦館という映画館があったとのこと。すごく賑わっていたらしい。つわものどもの夢のあと…か。玉名市高瀬 大覚寺
3737 干拓施設の写真
国指定重要文化財の干拓堤防は、約5.2kmも連なり、干拓地独特の景観を見ることができます。横島町明丑開堤防
3838 玉名高校人文字の写真
玉名高校の伝統的な人文字です。三段合同で行うGO!GO!玉名!の一部です。玉名と言えば人文字だと思い、人文字の写真を選びました。玉名高校グラウンド
3939 高瀬大橋の写真
玉名の大自然の中を犬と散歩しているところです。たくさんの緑がある玉名だからこそ、気持ちよく散歩できるのかなと思い選びました。高瀬大橋
4040 豊水地区の写真
田んぼと山とビニールハウスが見渡せる特別な場所です。時間によって違う風景になってとてもキレイです。小島橋から見た豊水地区
4141 有明海干潟の写真
干潟が広がる有明海の風景。滑石 玉名漁港西側
4242 岱明漁港の写真
この場所は、時間によって見える景色が違います。干潮のときには、道を歩きながら見渡す限り広がる干潟とあさり漁をしている玉名の営みの様子を見ることができ、満潮に近づくときには、道が消えて電柱が海に沈んでいく幻想的な景色を楽しめます。心地よい静かな風が吹くなか、見晴らしの良い場所に座って「玉名って良いところだなぁ」と思わずつぶやいてしまう、大好きな場所です。岱明漁協・あさり海荷捌所近く
4343 ハゼ並木の写真
菊池川のハゼ並木。秋には鮮やかに赤く色づく。緩やかな菊池川の流れと共に、絶好の散歩コース。ハゼの実は、和ろうそくの原料となります。菊池川小島橋下流
4444 高瀬修理の写真
地震被害を受けた高瀬本町通りの古い建物の復旧作業の様子です。建築士の方に指導を仰ぎながら、みんなで「高瀬の町」を守っていきます。高瀬本町通り柳屋茶舗となり
4545 高道の写真
平成28年の繁根木八幡宮の節頭は高道上区が務めました。大人も子供もみんなで送り出す1コマは、つながりの強い高道らしい光景です。高道上区公民館(節頭)
4646 繁根木川の写真
明教寺と繁根木川の間にある小路。排水ポンプが高瀬を守る。には、学校橋。キラキラと輝き、かつて錦川と呼ばれた繁根木川。時々、染物屋さんが水洗いをしている。小路は、永徳寺の方まで続き、だんだん狭くなるがワクワクする。冒険心をそそる。玉名市繁根木 明教寺と繁根木川の間

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

玉名市役所 建設部 都市整備課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1122
ファックス番号:0968-75-1221この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市安心メール
  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー
  • Youtuberタマにゃん
  • 市民会館新ホールタマにゃん紹介動画
  • たまな圏域電子図書館ページへのバナー画像
  • 九看大生等支援とエスディージーズへのバナー画像
  • 消費生活緊急情報ページへのバナー画像
  • 玉名市アンゴラホストタウンバナー画像

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

ホストタウン(玉名市かけるアンゴラ共和国)

  • ホストタウン専用サイト「世界はもっとひとつになれる」リンクバナー

包括連携協定

箱根町(観光協会公式サイト)

  • 箱根町観光協会公式サイト 箱根全山ページ

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市公式LINE紹介ページヘのリンク
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • くまもと県北病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局
  • 全国都市緑化フェア くまもと花とみどりの博覧会

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所の外部リンクバナー画像