前のページに戻る

農薬散布時における注意喚起について

更新日:2018年3月27日

農薬散布時における注意喚起について

農薬は、不適切に管理・使用されると使用者の健康を害するだけでなく、周辺の住民(特に子どもや妊婦の方)や生活環境に対しても悪影響を及ぼす恐れがあります。学校、公園、住宅地に近接する農地等において農薬を使用する場合は、飛散防止対策の徹底と、周辺住民への事前周知に努めましょう。 また、農薬の飛散による周辺住民、道路通行者、子ども等への健康被害が生じないよう、無風や風の弱いときに行うなど、近隣に影響の少ない天候や時間帯を選び、飛散防止に最大限の配慮をお願いします。

一般的な米麦大豆の防除期間
  • 麦・・・4月中旬ごろ
  • 米・・・8月中旬ごろ〜9月上旬ごろ
  • 大豆 ・・・8月中旬ごろ〜9月中旬ごろ

上記の期間は特に農薬を使用する機会が多くなるため、用法・用量を守り、管理を徹底するなど適正な取り扱いをお願いします。(米麦大豆の病害虫防除とは別に除草防除もありますが、農家によって散布時期が異なるため除草防除期間は不特定です。)

農薬を散布する前に

  • 観察や見回りなどを行い、病害虫や被害の早期発見に努めましょう。
  • 農薬以外の物理的な防除(害虫の捕殺や被害を受けた場合の剪定、防虫網の設置など)を検討しましょう。
  • 病害虫に強い作物や樹木、品種を選び、病害虫が発生しやすい樹種を植えないなど、栽培前によく検討しましょう。
  • 病害虫の発生や被害の確認をせず、定期的に農薬を散布することを止めましょう。
詳しくは以下のホームページをご覧ください

農林水産省ホームページ(住宅地等における農薬使用について)

「住宅地等における農薬使用について(農林水産省消費・安全局長及び環境省水・大気環境局長通知)」と、その内容を分かりやすく紹介したリーフレット「農薬飛散による被害の発生を防ぐために」が入手できます。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

玉名市役所 産業経済部 農林水産政策課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1126
ファックス番号:0968-75-1167この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 第66回金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 玉名市横島町いちごマラソン公式サイト
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ