前のページに戻る

開田筥崎八旙宮王面 附 掛額

更新日:2020年1月16日

開田筥崎八旙宮王面 附 掛額(ひらきだはこざきはちまんぐうおうめん つけたり かけがく)

  • 指定区分  玉名市指定重要有形文化財(工芸品)
  • 員数    王面 三面   掛額 一面
  • 指定年月日 平成20年12月22日
  • 所有者   開田筥崎八旙宮

開田王面


 開田筥崎八旙宮王面は、三面揃った例としては熊本県内出は最古の部類に属します。三面全てが樟材で製作されており、内面に「紀吉満作」「末藤什物」と銘が入っています。

 赤で彩色された火王面は口を大きく開いた阿形に作られ、鼻先は失われています。緑で彩色された水王面は口を結んだ吽形に作られています。風王面は薄い朱色で彩色されており、鼻先を失っています。吽形に作られていますが、口角を下げて口を結んだ水王面とは異なり、風王面は口角を上げて口を食いしばっています。

 王面は鉾の先などにつけて神幸行列を先導したり、神殿の柱に懸けて「魔よけ」としたため、目鼻は開いていません。目鼻を開けない火王・水王面の例は、古いものでは14世紀半ば頃のものがあります。特に南九州に多く分布しており、ある時期から風王の面が加わります。その初期ははっきりしませんが、時代が判明する例としては熊本県山鹿市大宮神社の寛文2年(1662)のものがあります。開田筥崎八旙宮の王面は、その作風の特徴が鎌倉時代の作例に顕著に見られることから、それよりも古い14〜15世紀前半頃の作と考えられます。

掛額

 掛額は淺山平太夫が寛文7年(1667)に奉納しています。淺山平太夫は現在の熊本県八代郡氷川町の一部に知行地300石を領していた人物で、肥後藩主細川綱利の御腰物拵奉行(藩主の佩刀や装身具を取り扱う役職)を務めていました。



追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

玉名市役所 教育委員会 文化課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1136
ファックス番号:0968-75-1138この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市安心メール
  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー
  • Youtuberタマにゃん
  • 市民会館新ホールタマにゃん紹介動画
  • 熊本県北無料シャトルバス

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

ホストタウン(玉名市かけるアンゴラ共和国)

  • 箱根町観光協会公式サイト 箱根全山ページ

包括連携協定

箱根町(観光協会公式サイト)

  • 箱根町観光協会公式サイト 箱根全山ページ

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所