前のページに戻る

企画展 「第2回学校展 懐かしのわが母校(大浜小学校、豊水小学校、伊倉小学校、八嘉小学校)」

更新日:2009年3月25日

以下で用いる写真と記述内容は、平成7年当時のものです。

大浜小学校

大浜小学校校舎と校章の画像


大浜小学校旧校舎(明治29・37年竣工)の画像明治7年開校した大浜小学校は、玉名市で唯一の単一校で現在に至っています。第6代校長の早野義章は、教え子の窮乏を見かね33歳の若さで職を辞し、ノリの養殖技術の向上に尽力、今日のノリの養殖の隆盛の基礎を築きました。校区民の学校に寄せる信頼感は厚く、昭和49年、校区民の手で創立百周年記念行事を行いました。


ノリ養殖の先駆者早野義章感恩碑の画像


豊水小学校

豊水小学校校舎と校章の画像


豊水小学校旧校舎(明治24・40年竣工)の画像明治22年、小島村など5村が合併して豊水村となった翌23年、旧小島村の小島小学校と旧川島村の川島小学校が統合して豊水小学校となりました。大正12年発刊の「豊土」は、豊水小学校、豊水農業公民学校で学んだ村の青年有志が自分たちの力で村の農業振興を図ろうと創刊した機関紙で、現在も公民館活動の一環として受け継がれています。平成2年、創立百周年記念行事を行いました。


豊土の画像



伊倉小学校

伊倉小学校校舎と校章の画像


伊倉小学校旧校舎(明治42年竣工)の画像明治6年、県に学制が頒布されると、伊倉の木下初太郎は、私学「じゅん新舎」開設の許可を得て学制に則った学校教育を始めました。これが伊倉小学校の源流といえます。伊倉小学校は、明治16年の文部省三等学事奨励賞をはじめ、就学奨励第一等旗、県知事選奨、全国小学校成績品出品校選抜など栄光の校史をもっており、”文教の地伊倉”を印象づける学校です。


 

井上毅から木下助之あての書の画像

八嘉小学校

八嘉小学校校舎と校章の画像


大倉校で使われていた教科書「幼学綱要」明治17年の画像明治22年、8村が合併して八嘉村になると、学校統合の機運が高まり、同36年、寺田小学校と大倉小学校は八嘉小学校(のち八嘉西)に、青野小学校と南坂門田小学校は坂門田小学校(のち八嘉東)に統合。大正6年、両校が合併して八嘉尋常高等小学校となり、現在の八嘉小学校に受け継がれました。校地は標高80メートルの高台のため、飲料水の確保に苦労したと沿革史にあります。


 

学童による開墾(昭和18年ごろ)の画像
展示期間

平成7年6月1日(木曜日)〜平成7年6月25日(日曜日)

 

図録

図録の表紙画像学校展 第1回〜第5回をまとめた図録です。

平成7年5月3日発行 A4版白黒84頁 販売価格1000円

購入方法については刊行物のご案内をご覧ください。


 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

歴史博物館こころピア
住所:〒865-0016 熊本県玉名市岩崎117
電話番号:0968-74-3989
ファックス番号:0968-74-3986この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ
  • 哲学カフェバナー