前のページに戻る

中学生のクラリンダ市訪問リポート

更新日:2019年7月14日

中学生の世界を見る目が変わった! 〜はじめての海外体験〜

平成30年10月1日(月曜日)から6日(土曜日)まで、姉妹都市のクラリンダ市(アメリカ合衆国アイオワ州)に玉名市から11人が公式訪問しました。参加した3人の中学生はホームステイを体験。それぞれ価値観が変わるきっかけとなったようです。

出発前の望月蘭さん、松嶋夕佳さん、安岡綾李さんの写真


 


もう決めつけない。想像する。

松嶋夕佳さん(15歳, 岱明中3年)

松嶋夕佳さんのホームステイの写真 ホームステイ先のクレイマンさん家の庭で。中央:姉のオリビア、左:妹のケイティー


 


(写真:ホームステイ先のクレイマンさん家の庭で。中央:姉のオリビア、左:妹のケイティー)

英語が一番苦手だと出発前に話した松嶋さん。「友達できるかな」と心配しながらも、ホストファミリーのクレイマンさん一家や高校生など多くの人と交流しました。公式歓迎会では、クラリンダ市長や議員など出席者に向けて英語で自己紹介。「とても緊張しましたが、皆さんが目を見て熱心に聞いてくれて嬉しかったです」と自分の英語力に自信がつきました。

松嶋さんは、日米の外交問題の影響を気にしていましたが「クラリンダの人は、見ず知らずの日本人である自分を無条件に優しく受け入れてくれました」と感激。国籍で性格や価値観を決めつけてはいけないと学びました。違う考えを理解し、どうしてそう思うのかを想像してこそ、他国の人と共生できることを実感したとのこと。「海外に行って、初めて日本を客観視しました。日本の文化や考え方に誇りを持ち、それぞれの国の良さが生かされる世界を創りたいです」と笑顔で振り返りました。

松嶋夕佳さんの公式訪問の様子の6枚の写真。1枚目は、ホストファミリーのクレイマンさん一家、2枚目は市役所公式歓迎会で英語で自己紹介をしている様子、3枚目はクラリンダ高校でバレーの試合を見学している様子、4枚目は市内の街中を散策している様子、5枚目はおいしかったアイスクリームの写真、6枚目は姉妹都市締結記念樹のライラックの前で撮影した写真


 

 


帰国後、自分にとってのクラリンダとは

  • 笑顔と夢をくれた場所

松嶋さん帰国後の写真


 

自信がついた。目標もできた。

安岡綾李さん(14歳, 玉名中2年)

 安岡綾李さんの農場の写真


(写真:豚農家のカーティスマイヤー農場で)

日本と全く違う景色を自分で見てみたい―。そんな強い好奇心を持って参加した安岡さん。中学校では英語と体育の授業を体験しました。生徒がポップな音楽の中ドッジボールをしたり、挙手せず自由に発言したり、日本との違いにびっくり。「皆ありのままの自分をアピールしていてすてきでした。私は、周りの目を気にするあまり積極的に行動していませんでしたが、これからは個性を大切にして自分を表現したいです」と同世代の中学生から刺激を受けました。

安岡さんにとってこの訪問は大きな挑戦。「勇気を出したからこそ貴重な経験ができました。気になったことには挑戦し、今しかできないことを精一杯やっていきます」と力を込め、「玉名市、クラリンダ市の両方の良さを感じました。それを多くの人に伝え、クラリンダとの交流を続けるためにも、英語を頑張り、積極的に姉妹都市交流の行事に協力したいです」と頼もしい瞳で語りました。

安岡さんの公式訪問の様子を撮影した6枚の写真。1枚目はホストファミリーのワトキンスさん一家との一枚、2枚目はクラリンダ中学校のクラスメイトとの一枚、3枚目はグレン・ミラー博物館を見学している様子を撮影した写真、4枚目はホストファミリーの畑で撮影した写真、5枚目はホストファミリーとカボチャに顔を掘ったものの写真、6枚目は街中の人気飲食店での写真


帰国後、自分にとってのクラリンダとは

  • 挑戦する勇気を与えてくれた場所

安岡さん帰国後の写真


 

自分を信じる。人と比べない。

望月蘭さん(14歳,天水中2年)

望月蘭さん英語スピーチの写真


(写真:市役所での公式歓迎会。英語で自己紹介をする望月さん(中央))

英語が好きで、クラリンダの人と話すことを楽しみにしていた望月さん。ホームステイや中学校の授業を体験するなかで、特技の書道を披露したり、折り紙で遊んだりして日本の文化を伝えました。「『日本人だから』と壁を作らず、クラスや家族の一員として接してくれ、とても嬉しかったです」と多くの人の優しさに触れました。

中学のクラスメイトが大事にしていたのは、周りの「好き」ではなく、自分の「好き」。流行のものよりも自分が好きな洋服や持ち物を選んでいることに驚きました。「クラリンダのみんなのように、自分を周りの人と比べないことで、より強く自分らしくいられそうです」と考え方が変わる出会いとなりました。

望月さんは、アメリカの良さだけでなく、日本の良さにも気づいたとのこと。「真面目な生徒が多いことや品があることなど、天水中の良さをあらためて感じました。日本の良い文化や伝統を多くの人に伝えるためにも英語をもっと頑張り、全世界に友達を作りたいです」と新たに見つけた目標に向かって進み始めました。

望月蘭さんの公式訪問の様子を撮影した6枚の写真。1枚目はホストファミリーのタニクリフさん一家との一枚、2枚目は豚農家のカーティスマイヤー農場での一枚、3枚目は中学のクラスメイトとの一枚、4枚目は理科の授業でタブレットでプレゼンテーションをする生徒を撮影した写真、5枚目はホストファミリーの手作りご飯の写真、6枚目は歓迎会で準備されていた手作りお菓子の写真


 


  • 帰国後、自分にとってのクラリンダとは

    優しさと思いやりに国籍は関係ない!

望月さん帰国後の写真


 

関連リンク



 引用元

※本ページは上記記事を元に加筆・修正して作成しました。人物の年齢・肩書きは当時のものです。

「中学生の世界を見る目が変わった!」『広報たまな』平成31年1月号の画像 ※画像の詳細は上記PDFファイル参照



「中学生の世界を見る目が変わった!」『広報たまな』平成31年2月号の画像 ※画像の詳細は上記PDFファイル参照




 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

玉名市役所 企画経営部 企画経営課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1213
ファックス番号:0968-75-1166この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市安心メール
  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー
  • Youtuberタマにゃん
  • 市民会館新ホールタマにゃん紹介動画
  • たまな圏域電子図書館ページへのバナー画像
  • 九看大生等支援とエスディージーズへのバナー画像
  • 消費生活緊急情報ページへのバナー画像

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

ホストタウン(玉名市かけるアンゴラ共和国)

  • ホストタウン専用サイト「世界はもっとひとつになれる」リンクバナー

包括連携協定

箱根町(観光協会公式サイト)

  • 箱根町観光協会公式サイト 箱根全山ページ

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市公式LINE紹介ページヘのリンク
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • くまもと県北病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局
  • 全国都市緑化フェア くまもと花とみどりの博覧会

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所の外部リンクバナー画像