前のページに戻る

省エネ改修を行った住宅に係る固定資産税の減額措置について

更新日:2016年8月16日

目的

家庭部門において二酸化炭素排出量の大きな割合を占める住宅の省エネ化を加速させるため。

要件

平成20年1月1日以前から所在する住宅のうち、平成25年4月1日から令和2年(2020年)3月31日までの間に、人の居住の用に供する部分(貸家の用に供する部分を除く。)において省エネ改修が行われ、かつ改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上であり、改修工事に要した費用が国または地方公共団体からの補助金等をあてた部分を除いて50万円を超えるものです。

対象となる改修工事の内容は、窓の断熱改修工事(二重サッシ化、複層ガラス化など)または窓の断熱改修工事と併せて行う床、天井または壁の断熱改修工事であって、改修工事を行った当該部分が新たに現行の省エネ基準に適合するようになるものです。

適用

改修工事が完了した日の属する年の翌年の1月1日(改修工事が完了した日が1月1日である場合には、同日)を賦課期日とする年度分の固定資産税に限り、その住宅に係る固定資産税額の3分の1に相当する額を減額します。

人の居住の用に供する部分の床面積が120平方メートルを超える場合には、120平方メートル相当分の固定資産税額までが減額対象となります。ただし、マンション等の区分所有家屋については、各専有部分単位で適用し、共用部分における工事は対象外です。

新築住宅に対する減額措置などの他の住宅に係る減額措置と同時に適用されることはありませんが、バリアフリー改修工事に係る減額措置についてのみ、各々の改修工事を同年に行った場合には、それぞれ税額の3分の1を減額し、合わせて3分の2を翌年度分の固定資産税額から減額します。

手続き

改修工事が完了した日から3ヶ月以内に、以下に掲げる書類を添付して、市役所税務課へ申告書を提出して下さい。

  1. 納税義務者の住民票の写し
  2. 工事費用が分かる書類(領収書等)
  3. 建築士、登録住宅性能評価機関、指定確認検査機関または住宅瑕疵(かし)担保責任保険法人が発行する証明書
  4. その他市長が必要と認める書類

省エネ改修工事に係る固定資産税減額申告書


お問い合わせ

玉名市役所 市民生活部 税務課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1114
ファックス番号:0968-57-7194この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ