前のページに戻る

土地のしくみ

更新日:2009年4月8日

地目ごとに固定資産評価基準に基づき、評価額を決定します。

<固定資産評価基準とは>総務大臣が地方税法に基づき固定資産の評価の適正化と均衡化とを確保するため「固定資産の基準および評価の実施の方法ならびにその手続き」を定めたものです。

地目

地目は、宅地、田および畑(併せて農地)、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野および雑種地があります。

固定資産税の評価上の地目は、土地登記簿上の地目にかかわらず、その年の1月1日の現況地目により課税します。

地積

地積は、原則として土地登記簿に登記されている地積です。

評価

宅地比準地(宅地、雑種地、介在農地など)

市街地宅地評価法、その他の宅地評価法または、それらの評価法に準じて評価をします。

宅地比準地以外(一般農地、山林、原野など)

原則として、標準地を選定し、その標準地の価格に比準して評価します。

路線価等の公開

土地の評価額の計算を具体的にご理解いただくために、評価額の基礎となる路線価を市役所1階の税務課固定資産税係で公開しています。

路線価とは、道路に付けられた価格のことであり、具体的には、道路に接する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価格をいいます。

宅地の評価額は、この路線価を基にしてそれぞれの宅地の形状(奥行、間口、道路との状況など)に応じて求められます。

宅地の負担調整措置について

固定資産税は、最近の地価の動向や経済情勢を背景とした税負担感の増加に配慮し、税負担の均衡化を図るため、宅地などは負担水準に応じた負担調整措置を行っています。

宅地について負担水準の高い土地は、税負担を引き下げるか、あるいは据え置きます。

一方、負担水準の低い土地は、なだらかに税負担が上昇することとなります。

土地についての特例

住宅用地に対する課税標準の特例

住宅用地については、税負担を特に軽減する必要から課税標準の特例措置が設けられています。

特例率は以下のとおりです。

表:住居用地に対する課税標準の特例
区分住宅用地特例率(固定資産税)住宅用地特例率(都市計画税)
小規模住宅用地6分の13分の1
一般住宅用地3分の13分の2

 

小規模住宅用地

住宅用地の200平方メートルまでの部分をいい、一般住宅用地とは、住宅用地のうち小規模住宅用地以外の部分をいいます。

宅地には、ほかに店舗・倉庫などの敷地である非住宅用地があります。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

玉名市役所 市民生活部 税務課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1114
ファックス番号:0968-57-7194この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ