前のページに戻る

企画展 「玉名郡衙」

更新日:2005年1月1日

郡衙とは、律令時代の役所のことです。玉名郡の郡司は日置氏で、現在の疋野神社周辺に居館があったと考えられています。8世紀はじめ一斉に完成した郡衙は、9世紀末に終焉を迎えます。玉名郡衙の造営にあたっては、国司道君首名と郡司日置氏との強力な結びつきがあったものと考えられます。

玉名郡衙関連遺跡位置図の画像


完備した郡衙は庁院・館院・(郡家)の主要部と倉院・厩・公文屋などからなる付属部分で構成されます。さらに郡司の氏寺がこれに加わります。玉名郡衙の場合、発掘によって上記の諸施設がすべて確認できました。加えて郡家に至る郡衙道(朱雀大路や大湊)、それに祭祀上の磐座(金毘羅山)も明らかになりました。

玉名郡倉跡推定地発掘の様子の画像郡倉は疋野神社の東側に位置していたと考えられています。南北100尺、東西180尺の長方形の柵列の中に南北2棟、東西4列の計8棟の倉庫群が造営されました。郡倉は7世紀末に始まり、8世紀中頃までは掘建棟で、8世紀後半になると礎石棟に建て替わり、9世紀末まで存続しました。郡倉は度々火事に遭っています。


道路の堀切りの画像JR玉名駅付近にあった大湊と日置氏の神(疋石神)と思われる金毘羅山の磐座は真北線上にのっており、この間に郡衙道(朱雀大路)は敷設されました。その間は1.6キロメートルです。郡衙道は8世紀初めに敷設されて以来、今日に至るまで使用され続けています。また、JR玉名駅近くは小字名を大湊といい、袋状の入り江になっていました。湊は南側に開口しており、東西170メートル、南北120メートル、入口幅60メートルと推定されます。大湊は8世紀末の菊池川の氾濫によって、湾内に砂礫が堆積し、湊の機能を失ました。


第1期金銅跡発掘の様子の画像立願寺廃寺は白鳳時代に始まり、奈良時代までの約1世紀存在しました。第1期 金堂は地山を削って基壇を造り、掘建柱で桁行4間、梁行2間の南側に入口をもつ建物です。第2期 講堂は新たに版築して基壇を造り、桁行4間(72尺)梁行2間(36尺)総柱の掘建柱建物になります。伽藍配置は法起寺式です。第3期 講堂は2期と同じ伽藍配置で礎石建物に変わります。


立願寺廃寺出土鬼面鬼瓦の画像立願寺廃寺から出土した瓦をみると、玉名郡衙(日置氏)が太宰府あるいは都と強いつながりがあったことがうかがえます。


軒丸瓦(素文縁線鋸歯文複弁八弁蓮華文)の画像


軒平瓦(扁行忍冬唐草文)の画像


人面瓦の画像


展示期間

平成9年4月15日(火曜日)〜平成9年6月15日(日曜日)

 

図録

図録の表紙画像平成9年3月31日発行 A4版白黒28頁 販売価格350円

購入方法については刊行物のご案内をご覧ください。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

歴史博物館こころピア
住所:〒865-0016 熊本県玉名市岩崎117
電話番号:0968-74-3989
ファックス番号:0968-74-3986この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ