前のページに戻る

企画展 「明治初期・玉名の新しい風 高瀬藩展」

更新日:2005年1月1日

細川利永侯(明治13年3月撮影)の画像細川利永侯(明治13年3月撮影)


 

玉名市西岩崎の画像

玉名市岩崎の玉名女子高等学校・玉名町小学校一帯は、元武家屋敷の面影を残す閑静な住宅地となっています。明治時代初期、この地に高瀬藩が設けられ、家臣団の屋敷が建設されました。


細川利重墓所(東京都品川区東海寺)の画像高瀬藩の前身は、寛文6年(1666)、肥後藩5代藩主細川綱利の弟利重が3万5千石を内分されて、江戸に創設した支藩(新田藩)です。新田藩は知行地を持たず、本藩の蔵米分与により藩を経営し、参勤交代はなく江戸に常駐していました(定府)。


西日本における新田藩の画像幕末・維新期における西日本の新田藩  慶応4年(1868)=明治元年閏4月10日現在 熊本新田藩(外様)肥後高瀬3万5千石(細川利永)


高瀬藩図(明治2年)の画像明治維新の動乱のさ中である慶応4年3月4日、肥後新田藩は10代藩主利永を始め、藩をあげて江戸を離れ本藩のある肥後高瀬に下り、利永と家族は高瀬御茶屋に、家臣たちは高瀬町の商家や寺院に分宿しました。この時点では藩邸の建設地は決まっていなかったが、協議の末に高瀬の岩崎原台地に決定、10町歩の広大な面積に藩邸と家臣団の居宅が建設されることとなりました。藩邸の建設は明治2年5月に始まりましたが、家臣団の屋敷は、まだ藩邸の完成を見ぬ翌明治3年5月26日に竣工し下賜されました。この絵図は、家臣団の屋敷割当てのために明治2年に作成されたものです。


延久寺宛元高瀬町奉行元田八衛門永 書状(慶応4年)の画像高瀬藩主利永の兄利正(直衛)の宿所に定められた延久寺にあてた元高瀬町奉行元田八右衛門永孚の書状。「諸事不敬がないように・・・」と指示しています。


記念碑 高瀬藩藩邸跡の画像藩邸建設半ばの明治3年9月4日、明治4年の廃藩置県を前にして、高瀬藩は本藩に統合され、藩主利永は東京居住、藩士は熊本藩への貫属換えとなりました。 高瀬藩は、わずか3年たらずで終焉を迎えましたが、美術教育を通して女子の社会的地位の向上に尽くした横井玉子や玉名教育の充実に努めた三友雄など、旧藩士やその子孫からは、わが国の近代化に貢献した人々を数多く輩出することとなりました。


展示期間

平成10年7月7日(火曜日)〜平成10年8月16日(日曜日)

 

図録

図録の表紙画像

平成10年7月7日発行 A4版白黒48頁 販売価格500円

購入方法については刊行物のご案内をご覧ください。

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

歴史博物館こころピア
住所:〒865-0016 熊本県玉名市岩崎117
電話番号:0968-74-3989
ファックス番号:0968-74-3986この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ