前のページに戻る

梅林天満宮(津留菅原神社)例大祭

更新日:2009年6月17日

津留菅原神社の画像


津留菅原神社は太宰府天満宮が創建された25年後に作られた、天満宮第一分社であり、菅原道真公の遺骨を分祀されていると伝えられています。

梅林地区の風景画像津留は、明治22(1895)年に安楽寺・下・津留の3村が合併して梅林村となり、その後玉名市に属することになりました。

節頭区は、安楽寺・下・津留の3区からなります。村としては安楽寺が最も古く、そのため、この祭りは安楽寺祭りとも呼ばれます。


神棚の画像節頭に当たった家では座敷に神棚を作ります。木材は杉の一枚板が用いられますが、津留のみは真竹を割って編んだ棚です。


精進入りの様子の画像精進入りは、11月23日の夕方に行われます。


馬屋の画像馬屋も新築され、かいば桶なども新調します。


潮取りの画像11月24日潮取りが小島河原行われます。ここで潮取りが行われるのは菅原道真公の遺骨が上陸した地であるからとされています。


潮取り2枚目の画像区長以下、役職者が行列を組んで行きます。道順は決まっています。


神事の画像小島の神社で神事が行われます。やぶさめを行う乗り手は地面に足をつけてはならないとされ、拝殿では斗桝の上に腰掛けます。


 

神事2枚目の画像乗り手は馬に乗ったまま、後は裸になって川に入り、清めの潮をかけます。


矢を配る様子の画像ここで、希望する人達に矢を配ります。


馬場通しの様子の画像神社に戻って馬場通しが行われます。


支度屋の様子の画像11月25日が祭り日です。この日の朝、神社近くの支度屋と呼ばれる家に行き、神事が行われます。


潮取り3枚目の画像神事が済むと、茶屋橋で潮取りが行われます。


神事3枚目の画像この間、神社で神事が行われていますが、その終了の合図とともに一行は神社に向かいます。


矢を射る真似の様子の画像神社で乗り手は弓に矢をつがえて天地・拝殿に向かって射る真似をします。


仲間の画像やぶさめ開始に先立って、「きもっこ」と呼ばれる房のついた物を持った仲間が声を発しながら、東から西へと駆けていきます。


やぶさめの画像この仲間が馬場から出たのを確認して、やぶさめが開始されます。やぶさめは午後3時過ぎから始まり、3回行われます。


的の画像的は長さ1尺8寸・巾5寸で、鳥居を中心に約50メートルおきに3本立てられます。射手は合計9回的を射ます。

この矢を拾うと縁起がよいとされています。


衣装の画像祭りに参加する乗り手・仲間などの衣装はそれぞれの地区によって異なります。

安楽寺下は老年(鷹の羽の紋・菊池氏)、安楽寺は壮年(梅鉢・相良氏)、津留は青年(九曜・細川氏)を表しているといいます。



追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

歴史博物館こころピア
住所:〒865-0016 熊本県玉名市岩崎117
電話番号:0968-74-3989
ファックス番号:0968-74-3986この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  

カテゴリ内 他の記事


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 第66回金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 玉名市横島町いちごマラソン公式サイト
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ