前のページに戻る

軽自動車税の税率について

更新日:2018年5月1日

車体課税のあり方も含めた自動車関係税制の根本的見直しが行われ、平成28年度より軽自動車税の税率が変わりました。
平成30年度の税率は以下のとおりです。

 

原動機付自転車、小型特殊自動車、軽二輪等の軽自動車

 

表:原動機付自転車・小型特殊自動車・軽二輪等の税額
車種区分排気量税率        
原動機付自転車50cc以下2,000円
原動機付自転車50cc超〜90cc以下2,000円
原動機付自転車90cc超〜125cc以下2,400円
原動機付自転車ミニカー3,700円
小型特殊自動車農耕作業用のもの2,400円
小型特殊自動車その他のもの5,900円
軽二輪125cc超〜250cc以下3,600円
小型二輪自動車250cc超6,000円

原動機付自転車・小型特殊自動車・二輪の軽自動車・二輪の小型自動車は、登録されている車両のすべてに平成28年度から新税率が適用されています。

 

軽三輪、軽四輪の軽自動車

 

表:軽三輪、軽四輪の軽自動車
車種区分(1)平成27年3月31日までに最初の新規検査をした車両の税率(年額)(2)平成27年4月1日以後に最初の新規検査をした車両の税率(年額)(3)最初の新規検査から13年を経過した車両の税率(年額)
三輪3,100円3,900円4,600円
四輪以上 乗用 営業用5,500円6,900円8,200円
四輪以上 乗用 自家用7,200円10,800円12,900円
四輪以上 貨物 営業用3,000円3,800円4,500円
四輪以上 貨物 自家用4,000円5,000円6,000円
  • (1) 平成27年3月31日以前に最初の新規検査をした軽自動車については、平成27年度以前の税率から変更はありません。ただし、(3)に該当する場合があります。
  • (2) 平成27年4月1日以後に最初の新規検査をした軽自動車は、新税率が適用されます。

三輪及び四輪の軽自動車に重課税率が適用されます。

  •  (3) 平成28年度から、最初の新規検査から13年を経過した四輪車等については、重課が適用されています。ただし、動力源または内燃の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車及び被けん引車は、重課の対象から除きます。

平成30年度に重課の対象となるのは、平成17年3月31日までに最初の新規検査をした車両です。毎年度、初年度登録から13年を経過した車両が、この重課に加わります。

(注意)最初の新規検査とは、自動車検査証内の「初度検査年月」等の項目内に記載されている年月です。中古車等を購入される場合においても、新車新規登録検査時の「初度検査年月」が記載されています。

三輪及び四輪の軽自動車にグリーン化特例(軽課)が適用されます。

 平成30年度課税において、三輪及び四輪の軽自動車で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、グリーン化特例(軽課)が適用されます。

適用条件

平成29年4月1日から平成30年3月31日までに最初の新規検査を受けた三輪及び四輪の軽自動車(新車に限る)で、次の基準を満たす車両について、当該取得をした日の属する年度の翌年度(平成30年度)分の軽自動車税に限り、グリーン化特例(軽課)を適用します。

表:グリーン化特例(軽課)後の税額
車種区分(4)新税率の概ね100分の75軽減の税率(年額)(5)新税率の概ね100分の50を軽減の税率(年額)(6)新税率の概ね100分の25を軽減の税率(年額)
三輪1,000円2,000円3,000円
四輪以上 乗用 営業用1,800円3,500円5,200円
四輪以上 乗用 自家用2,700円5,400円8,100円
四輪以上 貨物 営業用1,000円1,900円2,900円
四輪以上 貨物 自家用1,300円2,500円3,800円
  • (4) 電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減)
  • (5) 乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+20%達成車
  • 貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車
  • (6) 乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準達成車
  • 貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車
  • (5)、(6)については、揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。

 

課税例(四輪乗用自家用の軽自動車の場合)

ケース1:平成27年3月1日(平成26年度)に新車新規登録の車両を購入

平成27年3月31日以前に最初の新規検査を受けた車両は、その新規検査年月日から13年を経過するまでは平成27年度までと同様の税率となります。

なお、13年を経過した翌年度の平成40年度から重課税されます。 

ケース2:平成27年4月1日(平成27年度)に新車新規登録の車両を購入

平成27年度以降に最初の新規検査を受けた車両については、新税率となります。また、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、グリーン化特例(軽課)が適用されます。 
なお、13年を経過した翌年度の平成41年度から重課税されます。

ケース3:平成15年3月1日(平成14年度)に新車新規登録した車両を購入

平成15年10月14日以前の車両については、自動車検査証に初度登録年月ではなく年のみが記載されているため、平成15年中に登録された車両の重課は、平成15年12月から起算することとなっています。
そのため、本来であれば平成14年度に登録された車両は13年経過した翌年度の平成28年度に重課税されますが、平成15年12月(平成15年度)登録とみなし、平成29年度から重課税されます。

 

登録と廃車

原動機付自転車(50cc〜125cc以下のバイク)および小型特殊自動車の登録、廃車、名義・車体変更の手続きは市民課または各支所市民生活課で行います。

他の車種は全国軽自動車協会連合会、軽自動車検査協会、運輸支局での手続きとなりますので、それぞれの手続先へお問合せください。

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

玉名市役所 市民生活部 税務課
住所:〒865-8501 熊本県玉名市岩崎163
電話番号:0968-75-1114
ファックス番号:0968-75-1166この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  

カテゴリ内 他の記事


  • 玉名市フォトギャラリー

  • 玉名で暮らしたい
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • 九州新幹線800系
  • JR九州 新玉名駅時刻表

便利なサイト集

  • 玉名市の市勢要覧
  • 第66回金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 玉名市横島町いちごマラソン公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな市民活動支援サイト「たまりん」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所