前のページに戻る

玉名市立歴史博物館こころピア開館記念 「木下順二展」

更新日:2005年1月1日

木下順二の画像です平成6年5月、博物館の開館を記念して、玉名を故郷とされる著名な劇作家木下順二氏に記念講演をお願いするとともに、「木下順二展」を開催いたしました。


初太郎、助之、助之・嘉一兄弟ほか、弥八郎の画像です木下順二と玉名とのかかわりは、父弥八郎が伊倉町長、祖父助之が玉名郡長、国会議員、曾祖父初太郎が玉名郡の惣庄屋で、本人は、中学時代に伊倉町誌を作ったり、創作のための取材に何度も玉名を訪れています。



伊倉町誌の画像ですこれは、木下順二が熊中2年のとき、夏休みの宿題としてまとめた郷土誌『伊倉町誌』です 原稿用紙139頁の長さで、内容は第1編郷土、地理、第2編郷土史、第3編町民性、付録、碑銘集となっており、表紙裏には伊倉の地図2枚が添付されています。


風浪の画像です『風浪』は、木下順二の処女戯曲です 明治維新という巨大な価値転換期を迎え、様々な対立が渦巻く熊本を舞台に自らの生き方を求め苦悩する“青年群像”を描いた作品です。


「シェイクスピア」木下順二訳の画像です写真は、木下順二が心魂を傾けて翻訳したシェイクスピアの悲劇、喜劇の代表的傑作15篇を収録したものです。シェイクスピアは氏の重要な研究テーマであり、関係著書も多数出版されています。


「夕鶴」ポスターの画像です『夕鶴』は、日本の民話(昔ばなし)を素材に書かれた作品です。「婦人公論」1949年1月号に掲載され、その後1,000回以上に及ぶ公演がなされ、木下戯曲の中でも最も親しまれた作品となっています。


「子午線の祀り」ポスターの画像です『子午線の祀り』は、1978年「文芸」の1月号に掲載された作品で、初演は79年「山本安英の会」によって行われました。順二は、この作品によって読売文学賞を受賞し、また上演関係者一同がこの公演で毎日芸術賞を受賞するなど、氏の代表的戯曲の1つです。

展示期間

平成6年5月22日(日曜日)〜平成6年7月31日(日曜日)

 

図録

図録の画像ですです平成7年3月31日発行 A4版一部カラー43頁 販売価格800円

購入方法については刊行物のご案内をご覧ください。


 

木下家関係の企画展

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは玉名市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

歴史博物館こころピア
住所:〒865-0016 熊本県玉名市岩崎117
電話番号:0968-74-3989
ファックス番号:0968-74-3986この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  

カテゴリ内 他の記事


  • 玉名市フォト&ムービーギャラリー

  • 移住定住
  • ふるさと寄附金
  • 企業立地ガイド
  • JR九州新玉名駅利用案内
  • たまなの話題

便利なサイト集

  • 玉名市公式Facebookページ
  • たまなまるごと宣伝部Facebookページ
  • 地域おこし協力隊Facebookページ
  • 玉名市の観光情報 タマてバコ
  • 玉名市の市勢要覧
  • 金栗杯玉名ハーフマラソン大会の結果
  • 菊池川流域日本遺産 公式サイト
  • ふるさと玉名市の今
  • 広報たまな「ビデオでニュース」
  • たまな子育て応援サイト「たまログ」
  • 九州看護福祉大学
  • 公立玉名中央病院
  • 玉名市インターネット公売
  • よろず申請本舗
  • くまもとGPMap
  • まいぷれイベント、ランチ、ニュース
  • 玉名うまかめし
  • 観光ほっとプラザたまララ
  • ハローポイント(協)たまなスタンプ会事務局

広告欄

広告についてのお問い合わせはこちら

  • あかつき法律事務所
  • マンション売却の道しるべ